1. TOP
  2. 恋愛
  3. 【女性必見】セフレ関係になるきっかけや作る心理、注意したい3つのポイント

【女性必見】セフレ関係になるきっかけや作る心理、注意したい3つのポイント

恋愛
パートナーとのセックスに不満がある

女性がセフレ関係になる際、意図的な場合もある一方「いつの間にかセフレができていた」ケースも多いのではないでしょうか?

 

今回は、女性がセフレ関係になるきっかけやセフレを作る理由、セフレ関係を続ける上での注意点を解説します。

とくに女性がセフレを作る場合、妊娠のリスクを生じる恐れもありセフレ相手の選択は重要になってきますよね。

 

「いつの間にかセフレができてしまっていた方」「セフレが欲しくて作った」方も、女性のセフレ関係についてチェックしてみてくださいね♡

▼セフレに関する人気記事をCHECK!

そもそもセフレの定義とは?

そもそもセフレの定義とは

そもそもセフレとは、セックスフレンドの略称でセックスをする友達のことを指します。

「体だけの関係」や「都合のいい関係」ともいわれ、彼氏彼女のような特定のパートナーに比べ、独占欲や嫉妬心は薄い傾向に。

また2人の間でのみ成立する関係でもあるからこそ、相手と最低限の信頼関係は構築が欠かせません。

 

性別でも認識は以下のように少しずつ異なります。

男性にとってのセフレ ・代替可能な相手
・性欲を満たせればOK
女性にとってのセフレ ・男性に比べ妊娠のリスクもあり、誰でもいいとは言い切れない。


男性も相手を選びますが、性行為に妊娠リスクが生じる女性に比べ、男性にとってのセフレは「変えが効く存在」です。

 

また女性は体の関係を持った後に相手に対して好意を抱く場合もあるため、不本意にセフレができると厄介となる恐れも出てきます。

【女性版】セフレ関係になるきっかけは?

女性がセフレになるきっかけは?

セフレを作る理由はさまざまですが、セフレ関係になるきっかけはいくつかパターンがあるようです。

 

女性がセフレ関係になるきっかけはこちら!

・元々知り合い・友達の延長で

・過去に付き合っていた「元カレ」と改めて

・気になるカレと付き合う前に

・アプリでの出会い

・同僚や上司


意図的に「セフレになりたい」と、関係を構築する方もいる一方、気がついたらセフレになっていたケースもあります。

きっかけ①もともと知り合い・友達の延長で

もともと知り合い・男友達だった

もともと知り合いや友達だった相手と、あるきっかけや流れを境に、セフレになったケースもあります。

 

たとえば久々の再会やお酒の席での流れで、距離が急接近してセックスをしてしまうケースは少なくありません。

ただ今まで仲の良かった相手でも1度体の関係をもつと、その後は縁が切れるかセフレになるかのどちらかになりがち。

 

男女の友情が過去にあっても、1度セックスすると、異性として意識してしまい、今までの関係に完全に戻ることが難しいでしょう。

▼男友達とのエッチについてはこちらもcheck!▼

きっかけ②過去に付き合っていた「元カレ」と改めて

過去に付き合っていた元カレ

過去にお付き合いしていた元カレ・元カノの関係であると、別れた後にセックスするきっかけを作りやすくセフレになりがちです。

 

過去に付き合っていた相手が、セフレになりやすい理由はこちら。

・相手のことを知っており、セックスのハードル低い

・昔の思い出や愚痴や不満を共有しやすい

・「昔付き合っていた相手なら」と体を許しやすい

・会いやすく都合をつけやすい

・寂しさを埋める相手としてはちょうど良さがある


このように、過去に付き合っていたからこそ体を許しやすく、未練や寂しさがある場合に元カレは頼りにしやすい傾向に。

 

自分のことをよく知っている元カレは、セフレへのハードルが低く体の関係をもつきっかけも多くあります。

▼元カレについてはこちらもcheck!▼

きっかけ③気になるカレと付き合う前に

気になる彼と付き合う前に

気になっているカレと付き合う前に意気投合し、流れでエッチしセフレ関係となるケースも多くあります。

 

たとえば、2人でのデートやさしのみをする際に、流れや勢いで、体の関係を持ってしまうケースは多いでしょう。とくに、相手に好意がばれていると、付き合っている前にも都合よく扱われてしまうケースも。

 

エッチした後に交際できれば問題ないですが、そのままずるずると関係が続くとセフレとなり、悲しい結末になるかもしれません。

好意がある相手でも付き合う前にセックスすると、そのままタイミングを切り出せずにセフレとなってしまう恐れもあります。

きっかけ④アプリでの出会い

アプリでの出会い

アプリでの出会いは、手軽に異性と出会いやすく、セフレの関係になるきっかけの1つです。

アプリによって出会いの目的は異なりますが「セフレ探し」専用のアプリも。

 

ある理由からアプリを使用して体だけの関係になった場合も、たまに会う関係となりセフレとなるケースもあります。

▼ネットでの出会いについてはこちらもcheck!▼

きっかけ⑤職場の同僚や上司

職場の上司や同僚

職場においての出会いは多く、同僚や上司、部下などと仕事関係をきっかけにセフレになったケースもあります。

 

たとえば飲み会や出張、残業などをきっかけに仲を深め、心を許してセックスしてしまった場合もあるようです。

日々同じ職場で過ごし、苦楽を共にする間柄は、距離感を掴みやすく、ちょうどいい距離感を掴みやすいでしょう。

 

職場の上司や同僚、部下は仕事終わりや休みなどの折り合いをつけやすく、セフレにしやすい特徴があります。

【女性版】そもそもセフレを作った理由は?

女性がせふれを作ったきっかけは?

そもそも、女性は思いもよらぬかたちでセフレになってしまった人もいる一方で、意図的にセフレを作るケースもあるのです。

 

セフレを作った理由はこちら!

・流れで体の関係に

・寂しさを埋めるため

・経験値を上げたい

・パートナーとのセックスが不満

・セフレが付き合ってくれない


女性側もセフレを作る「メリット」を把握しており、意図的にセフレを作る方もいる傾向にあります。

●流れで体の関係に

流れで体の関係に

いつの間にかセフレができていた場合「仲の良い友達」はセフレ相手になりやすい傾向にあります。

男女の仲といっても、その境界線は曖昧なところで普段の談笑からそのまま体の関係になるケースもあるのです。

 

ただ、とくに意図的でなかった場合、同棲の友達を失ってしまうことにもなりかねません。

仲の良かった男友達との雰囲気に流されて体の関係になるケースもあります。

●寂しさを埋めたい

寂しさを埋めたい

寂しさや人肌恋しさをカバーしたり紛らわしたりするために、セフレを作る女性も一定数います。

事前に予定を立ててデートする本命彼氏とは異なり、暇つぶし程度に寂しさを埋められる関係には都合の良さや楽さがあるでしょう。

また、人肌や温もりを感じ、1人だと心細い状況で、精神的心理的に満たしてくれる相手でもあります。

 

体の関係を持ちたい男性側と利害関係は一致し「寂しさを埋めたい」理由でセフレを作る女性は一定数いる傾向にあります。

●経験値をあげたい

セックスの経験値をあげたい

パートナーとのセックスにおいて自分の技量に自信がもてず、経験値をあげたくてセフレを作りエッチを練習するケースも。

 

とくにセックスの経験値が低かったり彼氏が満足しているか不安だったりすると、自信をつけるためにと励む人もいるそう。

 

ピュアな女性は喜ばれる反面、彼とのセックスのためにセフレを作って経験値をあげたいと思う人もいます。

●パートナーのセックスが不満

パートナーとのセックスに不満がある

パートナーとのセックスが不満で、欲求を満たすためにセフレを作る人もいます。

 

その他にもセックスレスでパートナーに求められていない悲しさを埋めるためのケースもあるでしょう。

誰かに求められることで自信がつき、女性としての自信を持ち「自分を保つ手段」と考える人もいるようです。

 

男性の欲求を満たす理由と同様に女性もパートナーとのセックスに不満をもち、セフレを作るケースが一定数あります。

●セフレが付き合ってくれない

セフレが好きだど付き合ってくれない

彼が好きだけど、付き合ってくれず、交際前に体の関係となりそのままセフレとして続いているケースもあります。

 

相手に付き合う気がない場合やフラれて気まずくなることが不安な場合に、繋ぎ止める手段としては有効かもしれません。

ただ、関係を続けることで好意がある女性が悲しい気持ちになり、自分への好意を知った上で男性が都合よく扱ってくるケースも。

 

女性が彼との関係に満足していれば問題ありませんが、体でつながると今後お付き合いできる可能性は低くなるでしょう。

相手に好意があっても交際まで至らず、セフレとして彼と関係を続けているケースもあります。

セフレに対する男性心理

セフレに対する男性心理

男性のセフレに対しての心理はさまざまです。


たとえば、セフレに対しての具体的な男性心理はこちら!

▼セフレに対する男性心理

・タイプなら本命昇格はあり

・今は特定の相手をつくらずに遊びたい

・セフレと恋人になることは今後もない


女性は関係をもった後に気持ちが入り、相手に好意を抱きやすい反面、男性は「相手次第」「自分次第」と状況で異なります。


そもそも彼のタイプではなく、セフレになった地点でそれ以上・それ以下の関係にならないと考える場合、明るい未来は想像しにくいでしょう。

 

女性に比べて男性はセフレに対して考えは個人で異なり、女性のセフレとの未来は相手次第とも言えるかもしれません。

セフレ関係になった際に注意する相手は?

セフレとして注意する相手は?

セフレを作った場合も以下の3つに当てはまる相手の場合、関係の見直しがおすすめです。

・メンヘラ気質が強い相手

・既婚者やパートナーもち

・違和感のある相手


上記の特徴に当てはまる場合、事件や事故に巻き込まれる危険性が高く、関係を終えることを推奨します。

セフレも人間関係の1つであり、最低限、信頼できる相手であることが自身を守る上で重要です。

メンヘラ気質が強い相手

メンヘラ気質が強い相手

男女関係なくメンヘラ気質が強い相手は、あとあと厄介になるケースが多く、セフレとなった場合も注意が必要です。

 

たとえば、メンヘラ気質が強い相手とセフレ関係を続けると、以下のように厄介な思いをする恐れがあります。

・終わらせたいと思ってもなかなか縁を切れない

・関係が終わった後もストーカーのようについてくる


このようにメンヘラ気質が強い相手は粘着質な性格で、1度心を許したセフレに対しても執着が強くなる可能性があります。

 

最初は問題なく関係性を築けていても、のちのち問題が生じる可能性もあるため、メンヘラ気質のセフレには注意が必要です。

既婚者やパートナー持ち

既婚者やパートナーもち

既婚者やパートナーがいる相手をセフレにすると、社会的制裁を受ける危険性が高くなります。

 

たとえば、既婚者やパートナーもちの相手とセフレ関係を続けると以下に巻き込まれる恐れも。

・慰謝料を請求される

・会社へ連絡される

・こちら側もパートナーや家族がいると関係性は崩壊


既婚者やパートナーがいる相手をセフレにすること自体、フリーの相手以上にデメリットも多くなってしまいます。

 

セフレ関係を続けると、万が一の影響は大きくなるため、既婚者やパートナーもちの相手はセフレにしないことがおすすめです。

違和感のある相手

違和感のある相手

仲良くなった状態で、直感的に違和感がある場合、勘は正しく実はセフレにしない方がいい相手かもしれません。

 

たとえば、以下のような違和感は見逃さないようにしましょう。

・一緒にいる際に違和感がある

・根拠はないけれどなんとなく気持ちが沿わない。

・なんか違う気がする。

・少しの間一緒にいて「やばい人なのでは」と感じた。


このように直感的に体が拒否している場合は「いつでも身をひける距離感」を保っておき、自身の体を守ることが大切です。

 

直感や根拠のない自信は意外と当たるもの。直感的に違和感がある相手に対して深入りすることは避け、少しずつ距離を取っていくことがおすすめになります。

女性がセフレになるきっかけや作る心理はさまざま!

女性がセフレを作る理由はさまざま

女性のセフレになるきっかけはさまざまで、実際にセフレを持つ方もいます。

 

また、女性がセフレを作る理由も幅広く、セフレ相手に対して求めることもさまざまです。

ただ女性側は妊娠のリスクもあり、女性側だけ好意をもち後々傷つく恐れも出てきます。

 

セフレ関係になった際は、最低限信頼できる相手を選択し、自分の身をしっかり守ることが大切です。

秋月碧

女性メディアを中心に活動するフリーライター。鹿児島在住。愛犬との散歩・温泉・食べることが好き。最近はボクシングに夢中【twitter→@teani91】