1. TOP
  2. 恋愛
  3. 女でもセフレが欲しくて良い。セフレの作り方と出会い方/離れ方

女でもセフレが欲しくて良い。セフレの作り方と出会い方/離れ方

恋愛
ヘアバーム アレンジ

女でもセフレが欲しいと思うのは自然な事

女性でセフレが欲しいことはおかしいことと思ってはいませんか。確かにセフレを作りたがるのは男性のイメージが強いですが、女性でセフレを作りたがる人もたくさんいるんですよ。

 

女性でも彼氏がいないと寂しいと思いますし、何となく刺激が欲しくて退屈に感じているときはセフレが欲しいと思うのは当然のことです。

 

女性だってセフレを欲しがっていいんです。今回は、セフレの作り方と出会い方、離れ方について解説していきます。セフレに関するアンケートを実施していますので、まずはその結果からご紹介します。

 

質問1:セフレがいて良かったと思いますか?

 

まず、アンケートで「セフレがいて良かったと思いますか?」という質問をしました。アンケートの結果、なんと約80%もの女性が、セフレがいて良かったと回答しているんです。

 

セフレがいれば寂しい気持ちを紛らわせることができますし、割り切ってエッチができるので、面倒臭くないというのが理由です。男性も割り切ったセフレになりたがる人が多いので、両者の利害が一致しているわけです。

 

今セフレを作ろうか迷っている人にとっては気持ちを後押ししてくれる結果であると言えるでしょう。

 

質問2:セフレがいて嫌だと思った事はありますか?

 

よかった事も悪かったと思う事もあるけど、結果的によかった、と思えている人が多い、的な内容をライティング、アンケートを元にどのような男性が実際セフレになりやすく、パターンとして多いのかを紹介していく旨をライティング

 

次に「セフレがいて嫌だと思った事はありますか?」という質問をしました。その結果、約30%の人がセフレがいて嫌だと思った経験があることがわかりました。セフレがいて良かったと思う反面、嫌な思いをすることも多少はあるようです。こうして見るとセフレに不安な気持ちを抱く人がいてもおかしくありません。

 

しかしながら、関わって嫌な思いをすることがあるのはセフレ以外でもあり得ることです。彼氏や友達で嫌な思いをしたことがある人も多いでしょう。セフレだから悪いということはないんです。

 

実際にアンケートでも「良いことも悪いこともあるけれども、結果的には良かった」と思っている人が多かったです。

セフレ探しには出会い系アプリがおすすめ

ワクワク
メール
  • 【安全にセフレが探せる】
  • ・相手の身元が保証されてる
  • ・匿名性だから身バレしない
  • ・掲示板で目的の男性に会える

ハッピー
メール
  • 【地方でもセフレが見つかる】
  • ・会員数2,700万人で国内No.1
  • ・本人確認機能で安全性が高い
  • ・GPS機能で近場で会える

良いセフレになりやすい男性の4つのパターン

それでは早速良いセフレになりやすい男性のパターンを見ていきましょう。ここでは4つのパターンを紹介しますよ。自分がどのパターンのセフレを作れそうか考えながら読んでみるといいでしょう。

 

①クラブなどで出会う男性

意外かもしれませんが、  クラブなどで出会う男性は良いセフレになりやすいです。「クラブの男性は軽いのでは?」と思うかもしれませんが、軽いからこそ割り切った関係になれるというメリットがあるんです。

 

確かに彼氏にするなら、クラブで出会ってすぐエッチして…という関係はあまり勧められたものではありません。体目当てが多く、すぐに振られるリスクも高いからです。

 

しかし、セフレとなると話は別です。すぐにエッチできるのはむしろありがたいですし、変に執着されるくらいなら割り切ってセフレになってもらった方が楽です。同じコミュニティにいるわけではないので、関係がこじれたときに生活に支障が出ることもありません。

 

合わないと思ったらLINEをブロックして連絡をしなければいいだけですから。割り切ったセフレが欲しいという人はクラブなどで出会う男性を選ぶといいでしょう。

 

②職場や学校の先輩・上司

職場や学校の先輩、上司は年上なので経験が豊富でエッチがうまい可能性が高いです。今まで体験したことがないようなエッチができる可能性があり、エッチを思う存分楽しめます。

 

また、相手の方が立場が上なだけあって、ご飯をおごってくれることも多いです。エッチ以外にも得することが多いので、セフレになるメリットが大きいんです。

 

同じコミュニティ内なのでこじれたときにやや面倒になるデメリットはあります。しかし、向こうも立場がある人間なので、下手なことはできないでしょう。年下に手を出してトラブルになったと知られたら株が落ちますから。自分の方が年上だと思えば、相手も分別のある行動をしてくれることが多いです。

 

このように、職場や学校の先輩、上司をセフレにすることは、メリットが大きく損も少なめで良いセフレになりやすいです。  

  

③彼女のいる男性

彼女のいる男性は、当然彼女が大好きです。そのため、セフレになって相手が本気になって泥沼化するということが比較的少ないというメリットがあります。あくまでも彼女が一番なので、セフレはセフレと思って割り切ってくれるんです。

 

また、彼女がいるので女性の扱いに慣れており、いい思いができるというメリットがあります。彼女がいる男性は余裕がありますから。セフレともいい関係を築いてくれます。

 

彼女がいない男性はセフレに本気になる可能性が高いですし、女性の扱いが雑なことも多いです。あなたがセフレに嫉妬するリスクはあるものの、丁寧な扱いをされたいなら彼女持ちの男性をセフレにすることをおすすめします。

 

④近くに住んでいる男性

近くに住んでいるだけという男性はあまり深い仲ではなく、割り切ったセフレになりやすいです。

 

近くに住んでいるのですぐに会いに行けて、エッチしたいときにエッチできるメリットがあります。夜にいきなり会うことができるのも、近くに住んでいる男性とセフレになるメリットであると言えます。  

 

関係がこじれたときに気まずくなるというデメリットはありますが、寂しさを埋めたいという人にとってはかなり都合がいいパターンです。

  

逆に、良いセフレにはなれない可能性の高い男性のタイプ

①元彼

元彼がセフレになるパターンはとても多いです。元々愛し合っていたわけですし、エッチを何度もしているのでセフレへのハードルが低いんです。しかし、元彼をセフレにするのはおすすめできません。

 

理由は、お互いの感情が入り過ぎるからです。  付き合っていた頃を思い出して寂しくなる、片方が復縁したいと言い出す、セフレになっている状態がつらくなるといったことが起き、セフレ関係を素直に楽しむことができません。

 

元彼はあくまでも元彼という存在であって、それは復縁しない限り変わりません。元彼をセフレにすると元彼かつセフレという二重の役割が相手に付されることになり、関係が複雑になってしまいます。

 

元彼の方からセフレになろうとしてくることが多いでしょうが、断るようにしてください。中途半端に情を挟むと、つらい思いをするだけです。

 

②男友達

男友達と飲んでエッチしてそのままセフレに…というのがよくある展開ですが、男友達はあまり良いセフレになりません。

 

関係がこじれたときの影響力が大きく、周りの友達関係もおかしくなるリスクがあるからです。

 

あなたが学生の場合、サークルなど同じコミュニティの人間関係に支障が出ますし、相手の方が大人ということもないので、あることないこと言って攻撃してくるリスクもあります。 

 

また、男友達は普通に友達として関わる場面も多いです。セフレとして関わるときと友達として関わるときの境目が曖昧になって、関わりづらさを感じやすいんです。

 

友達はあくまで友達であり、セフレとは異なるんだと思っていた方がいいでしょう。実生活への影響が意外と大きいです。

  

③後輩や部下などの年下男性

 年下男性は、年上男性と異なり、経験が少なくまだエッチがあまりうまくない、こちらが年上なのでたくさんおごってもらうことが期待できないといったデメリットがあります。

 

また、こちらの方が立場が上なだけあって、関係がこじれて噂になったときに不利という一面も…。「年下の男に手を出した」という目で見られてしまいます。

 

他には、あなたが年下男性に夢中になって相手のわがままに振り回される可能性があるというデメリットもあります。相手の方が精神的に未熟ですから、何かと苦労が多いです。

 

このように、年下男性をセフレにしてもいいことが少ないです。若い男性のパワフルさを魅力に感じるのはわかりますが、セフレ化するのは避けた方がいいでしょう。

セフレの作り方は?《出会い・きっかけ編》

どういうセフレが良いのかわかったら、後は実際にセフレを探しに行くだけです。そこでここからは、セフレの作り方について解説します。まずはセフレができたきっかけからセフレの出会い方を解説しますよ。

 

①クラブでセフレが出来た

クラブに遊びに行って意気投合してセフレにというパターンです。お酒が入っている、クラブでテンションが上がっているといった理由から、ノリでセフレの流れに持って行きやすいというメリットがあります。

 

男性の方もナンパ目的でいることが多いので、びっくりするくらいあっさりセフレになれちゃいます。いいなと思う男性がいたら、積極的に声をかけてみましょう。

 

「最近寂しくて…」といった話をすれば、男性が「いけるな」と思って、グイグイ来てくれますよ。  

  

②職場・サークル等所属するコミュニティの飲み会で出来た

職場やサークルなど、所属するコミュニティの飲み会でできたというきっかけです。お酒の勢いでエッチしてセフレに…という流れですね。

 

いいなと思う男性がいたら近づいてみて、一緒にたくさんお酒を飲んじゃいましょう。「二人きりで抜け出しませんか 」と言えば、 彼も乗ってくれる可能性が高いです。

 

③出会い系アプリでできた

 出会い系アプリで出会った男性とセフレになったパターンです。

 

そもそも出会い系の男性は、セフレ作りにアプリを使っているので、好みの男性と会うだけで簡単にセフレができちゃいますよ。

 

一番おすすめはワクワクメール

出会い系アプリの中でもおすすめなのが、累計会員数900万人を超える人気アプリ「ワクワクメール」です。

 

何かと不安なネットの出会いですが、完全匿名性で身バレの心配もなく、24時間365日体制で運営がサポートをしてくれます。

 

公式サイトでは、どんな人がいるのかお試し検索することも可能なので、一度利用してみてはいかがでしょうか?

地方での利用、知名度ならハッピーメール

ハッピーメール公式サイト

地方での利用や知名度を重視したいのであれば、出会い系最多の会員数を誇るハッピーメールがおすすめです。

 

とにかく会員数が多いので、過疎になりがちな地方などでも十分に出会うことが可能です。

 

もちろん、ワクワクメールと同じく完全匿名性で、24時間365日体制での運営サポートがあるので、安心して利用できます。

セフレの作り方《一回目のエッチはどこでした?》

①ホテル

「ラブホが声を気にしなくていいのでいいです」

「ホテルにも連れて行けない人とセフレになるのはちょっと…」

 

一番多いのはホテルですね。お互い気を使わなくて済みますし、周りに見られるということもありません。  

 

また、ホテルに誘ってきちんとお金を出すという甲斐性がある証明にもなりますから、セフレとしてやっていくのに不安にならずに済みます。セフレとはいえきちんとエスコートして最低限大事にする気持ちがあることがわかりますから。

 

②相手の家

「飲み会の帰りに相手の家に行ってエッチしました」

「恋人じゃないけど男の人の家に行くのはちょっとドキドキして舞い上がります」

  

相手の家で一回目のエッチをしたというパターンです。飲み会の帰りに家にお邪魔してエッチしたというのが多いですね。コメントにあるように、男性の家にあがることでちょっとドキドキして、エッチも興奮できちゃいます。

 

相手の家によっては声を出しづらいですが、それが逆に興奮するという人もいるかもしれませんね。

 

相手の家に行きたいと言ってあがりこめば、エッチの流れに持ち込める可能性は高いです。どうしてもその男性とセフレになりたかったら、「家に行きたい」と少しわがままを言っちゃうのもありですよ。

  

③自分の家

「自分の家が近かったので」

楽だから自宅でエッチしちゃいました」 

  

自分の家で一回目のエッチをしたというもの。近いとか、エッチのあと移動しなくていいといった理由から自宅に彼を誘っています。一言で言うと「楽だから」が理由ですね。

 

ただし、自宅を教えるのはリスクが高いので、相手は慎重に選ばないといけません。できれば同じコミュニティ内の人がいいでしょう。

 

自宅に誘えば男性もエッチを期待するでしょうから、あなたが望めばほぼエッチできます。彼の家に行くことが難しそうな場合は、思い切って自宅に誘っちゃいましょう。

セフレ関係を終わらせたいと思った時には?

セフレを作って良かったと思う人が多い反面、嫌な思いをした人が一定数いるのも事実です。いい感じだと思った人が面倒臭くなることも出てくるでしょう。そうなったときにどうやってセフレとの関係を断てばいいのかご紹介します。

 

連絡を断つ

「返信が来ないと終わったのかなと思う」

「頑張るけど連絡がないと諦める」 

 

単純に連絡を絶ってセフレを終わらせるという方法です。連絡できなくなったらどうしようもないですから。特に相手が異なるコミュニティの人間なら、連絡がつかなくなったらどうしようもありません。

 

SNSで繋がっている場合は、SNSでの繋がりも切ってください。相手はモヤモヤするでしょうが、関係を切るにはそれくらいしないといけないんです。下手に連絡ができる状況だと、相手も諦めがつきませんし、ダラダラと関係を続けることになってしまいます。

 

何をやってもセフレが引き下がる場合は、この手段を取りましょう。強引ですが仕方ありません。

  

彼氏が出来たと言う(ウソでもOK )

「 彼氏ができたと言われたら何も言えない」

「彼氏がいてもいいじゃんと言いたいけど、わざわざそう言うってことはセフレをやめたいんだろうなと察して引く」

 

彼氏ができたと言ってセフレをやめる方法です。彼氏ができたかどうかは確かめようがないので、嘘でも構いません。ただし嘘をつくときはボロが出ないように気を付けてください。

 

彼氏ができたと言われたら、さすがに無理強いできないので男性も引いてくれます。もしも男性が引き下がっても、「彼氏のためにやめたいから」と言えばいいです。

徐々にフェードアウトする

 「気がついたら終わってたことがある」

「段々と連絡が来なくなって、こっちも誘う気がなくなった」

 

徐々にフェードアウトすることでセフレを終わらせる方法です。返信と会うペースを段々遅くすることで、相手の意識から遠ざかるというわけです。

 

相手の方から何度も連絡があるかもしれませんが、それでも反応を遅くしていけば、フェードアウトできます。そのうち彼もやる気をなくしてくれるでしょう。

  

まとめ

 

女性がセフレを作ることは決しておかしいことではありません。女性も寂しいときはセフレを作っていいんです。実際にセフレを作って良かったと思う人が大半ですから、セフレが欲しいと思ったら思い切って作っちゃいましょう。

 

セフレを作るときのポイントは、関係がこじれたときにどうなるか、その人をセフレにしてメリットが大きいか考えることです。ここだけ気をつけておけば、良いセフレを作ることができるでしょう。

 

セフレ探しには出会い系アプリがおすすめなので、今回の内容を基にして、良いセフレを見つけてくださいね!

セフレ探しには出会い系アプリがおすすめ

ワクワク
メール
  • 【安全にセフレが探せる】
  • ・相手の身元が保証されてる
  • ・匿名性だから身バレしない
  • ・掲示板で目的の男性に会える

ハッピー
メール
  • 【地方でもセフレが見つかる】
  • ・会員数2,700万人で国内No.1
  • ・本人確認機能で安全性が高い
  • ・GPS機能で近場で会える

編集部

fasme編集部による企画の記事はこちらからCHECK♡