1. 【ないしょの話〜浮気され女の経験 〜】episode2.浮気する人される人

【ないしょの話〜浮気され女の経験 〜】episode2.浮気する人される人

恋愛
アイキャッチ

浮気する人、そして浮気される人、どちらにもそれぞれ特徴や傾向があると思います。

自らの経験をもとに、私が考える"浮気する人、される人"をお話していきます。

これに当てはまる恋人を持つ人、自分と似た傾向がある人は要注意です。 ※すべて主観的な見解です。  

前回記事→【ないしょの話〜浮気され女の経験 〜 episode1.出会いから浮気発覚まで】

《浮気する人》

浮気

 私が思う浮気する人の特徴は こちらです。

1、会話が上手、面白い

話が面白い、話し方が上手な人は浮気癖を持っているかもしれません。

そういう人は、素からおしゃべり好きの可能性が高く、いろんな人と話したり、ご飯に行ったりしているかもしれません。

また、あなたが面白いと感じているのですから、他の人がその人といて、楽しいと感じていないわけがありません。

 2、単純に異性慣れしている

褒めてくれる、距離感が近い、些細な気遣いをしてくれる、など異性慣れしているかどうかは簡単にわかります。

浮気癖のある人は、相手を自分に惚れさせる術を心得ています。

「この人、自分に気があるのかな」というより「この人、自分を好きになってほしいんだな」と感じたらとても危険です。

  3、寂しがり

「会いたい」「寂しい」などとストレートにたくさん伝えてくる人は、浮気症の可能性大です。

寂しがり屋の人間は、恋人が少し会えなくなったら、別の人で寂しさを埋めようとするからです。  

4、TwitterやInstagramのフォロワーが同姓 < 異性

こういう人は大抵異性がらみが多い人です。異性の投稿ばかり「いいね」していたり、特定の異性の投稿に過剰に反応していたりする場合は、しっかりと監視しておきましょう。

SNSのいいね欄は浮気発見の宝庫です。

5、LINEの表示や使い方

定番ですが、LINEのメッセージ受信表示が「新着メッセージがあります」の場合は少し怪しいです。

携帯電話を傾けたり、自分が相手の画面を見ることができる位置にいるとき、絶対にLINEや他SNSのDMを開かないという場合もグレーゾーンです。

もちろん、私は個人的に、何もなくてもスマホを見られるのが嫌なので、一概には言えないでしょう。

6、お金を持っている

普通、恋人ができると出費が増えます。そのため他の人との交際費は必然的に抑えられます。

しかし、お金を持っている人は毎日飲み歩くことも、遊びまくることもできます。

また、お金を持っていて、なおかつ奢ることに躊躇がない人の周りには多くの人が集まりやすいです。

お金持ちではなくても、お相手が実家暮らしならば多くの出費を交際費に充てることができるので要注意。

 7、恋人がいないふりをする

SNSに恋人の写真をあげないことだけではなく、デートスポットや旅行先など、恋人を匂わせるような場所は一切投稿しない場合や、そもそも「恋人がいない」と周りに公表している場合は、非常に危険だと思います。

また、これらの「浮気する人」の特徴を満たしておきながら「恋人がいない」と主張する人は危ないです。  

8、電話をかけたら「通話中」

もちろん、友達との電話という可能性は十分あります。

しかし、「通話中」となる頻度が極端に高いと、その人は頻繁に誰かと電話しているということになります。

9、自分に自信がある

自己肯定感が高い人間は自立しているので、一人の人間に極端に依存したりしません。

しかし、ナルシストだったり、異常に自分に自信がある人間は、自分が魅力的な人間であることを知っている(思っている)ので、その魅力を存分に発揮したいと思ってしまいます。

そのためたくさんの異性を惚れさせることをある種のステータスだと感じてしまうのです。  

《浮気される人》

浮気される人

 私が思う浮気される人の特徴は ........... ずばり、ありません。

  浮気される人は被害者であり、被害者に非はないからです。

浮気は人の心を壊す暴力です。

どんな理由があれ、暴力をふるっていい理由にはなりません。(自己防衛時のみ可) だから、安心してください。

浮気されたのは、けして自分が悪いのではなく、浮気をした人が悪いのです。

どんなに容姿端麗でも、性格がよくても、お金を持っていても、付き合った恋人が浮気をする人なら、浮気はされてしまうのです。  

《最後に》

浮気

残念ながら浮気はされる時はされてしまうのです。

だからこそ、浮気されないためには付き合う前からその人のことをしっかり見極める必要があります。

 

---次に続く。

 

ないしょ。twitter: @secret_reality_

編集部

編集部

fasme編集部による企画の記事はこちらからCHECK♡