1. 好きな彼の前で「絶対使ってはいけないワード」4選

好きな彼の前で「絶対使ってはいけないワード」4選

恋愛
男女

何気なく過ごしている彼との日常。そんな普段過ごしている日常生活の中で何気なく言った一言。

その思わず言った一言にあなたの好きな彼は心底傷ついていたりしていたらあなたはどう思う?

「悪気がなかったんだから仕方ないでしょ」なんて思っていてもダメ。

言われた方がそう思っていたとしても普段から徐々に蓄積されていったあなたの言葉に彼がいつ限界がきてもおかしくないよね。

冷められる原因や喧嘩の原因にもなり兼ねないことだから、しっかり押さえておきたいところ。

今回は【好きな彼の前で「絶対使ってはいけないワード」4選】を紹介していきます。

他の人と比べるような言葉

男女

「前の彼氏はこうしてくれたのに…」とか「○○ちゃんの彼氏はどっか連れていってくれてるのに」「他の男性は○○なのに」などなど他の男性と比べるような言葉はダメ。

特に元カレと比べるなんてNG中のNG!!

「だったら元カレとヨリでも戻せば?」だったり「他の男と恋愛すれば?」って思われてしまう。

 

それに元々男性ってプライドが高く独自の恋愛観を持っていることが多い。

それなのに他の男性と比べたり、他のカップルの恋愛観を持ち出されたところで嫌がられるのは当たり前だ。

雨

もし彼氏に対して「もっとこうしてほしい」と思っているのなら、

他人と比べることはせずに素直に「もっとこうしてくれたら嬉しいな」って伝えるべき。

まともな彼なら大切な彼女がされて嬉しいことならしてくれるはずです。

性別を使って否定するような言葉

男性

「男としてありえない!」「男としてどうなの?」とか「男のくせに頼りない」などの性別を使って否定するような言葉。

これを言われると男性としてのプライドはもうズタボロ。

嫌われたいなら是非使ってほしいワードだけど、これを見てるあなたはそうじゃないと思います。

 

彼はあなたの彼氏としてプライドを持ってるし、彼にとってあなたは一番身近な女性。

そんなあなたから「男としてありえない」的なことを言われたら、それはもう男としての存在を否定されているのも同然。

もし彼氏と喧嘩になってもこの言葉だけは使わないことをおすすめします。

自分への好意を利用するような言葉

女性

「私のこと好きなら○○してよ」とか「本当に好きだったら○○出来るよね」なんて言葉使ってるようなら今すぐにやめてください。

好きだったら出来て当然と言わんばかりのこの言葉。

それを言われると男性は上から圧力を掛けられてる気分になるはず。

女性

あからさまな上から態度のこの言葉に彼は「なんて傲慢な女なんだ」とか「何様だよ」って嫌がられること必須。

さっきも言ったように男性はプライドの高い生き物なので、そんな男性に上からいったところで反発されるのが落ち。

 

どうしても何かしてほしいなら「好きなら○○してよ」とか好意を利用する言い方をするのではなく、

「○○してくれたら嬉しいな」とか「お願いなんだけど○○してほしいの…」と素直に言った方がいい。

それこそ本当に好きなら、彼もしてくれるはずです。

相手を責めるような言葉

男女

例えば彼が何か失敗したときかなんかに「ねえ、だから言ったでしょ?」とか「ほら、絶対そうなると思った!」なんて言ってない?これも立派なNGワード。

事前に忠告していたら、いざ失敗した彼に対してそうやって責めたい気持ちもわかります。

でも彼にとって一番身近な女性であるあなたにそれを言われたところでね。

 

男性特有のプライドに障り反発されて喧嘩になったり、更に落ち込んでしまって内にこもってしまうことにもなる。

やっぱり彼女には慰めてほしいのが男心。

彼がもし何か失敗をしてしまったのなら責めるのではなく、優しくフォローしてあげるのがいいです。

「終わったことは仕方ないよ」「今回は仕方ないから次は気を付けようね」とフォローしてあげてくださいね。

一度放った言葉は、取り消せない。

カップル

以上【好きな彼の前で「絶対使ってはいけないワード」4選】でした。

悪気がなくてもつい言いがちな言葉だったと思うけど、何気ないあなたの言葉が彼との仲に亀裂を生む原因になっちゃってるかもしれないので要注意。

彼との仲を良好に保つためにも、これを見たあなたは是非参考にしてみてくださいね!

編集部

編集部

fasme編集部による企画の記事はこちらからCHECK♡