1. 男子がホンネで答える恋愛相談「恋辞書プラス」P.9

男子がホンネで答える恋愛相談「恋辞書プラス」P.9

恋愛
恋辞書

ガールズトークで「男ってこういうとき、どう思ってるんだろうね?」 なんていう、

あーでもないこーでもないと話してた内容をズバリ男子に聞いてみました!

女子の恋の悩みを男子に聞いてみたらどうなのか? もしかしたら、答えはもっと早く見つかるかも。

そして、この連載は「恋辞書プラス 。

ちょっと際どめな相談を、これまたオブラートなしにガチで答える恋愛相談企画となっています。

似たような悩みを抱えている人はちょっと覚悟が必要かも!? それでは「恋辞書(コイジショ)プラス」P.9スタートです!  

 

▶︎恋辞書プラスP.1

▶︎恋辞書プラスP.2

▶︎恋辞書プラスP.3

▶︎恋辞書プラスP.4

▶︎恋辞書プラスP.5

▶︎恋辞書プラスP.6

▶︎恋辞書プラスP.7

▶︎恋辞書プラスP.8

相手に合わせる強さを持てば希望はある

1

相談①

年の離れた女の子(年下)からの好意は正直どうですか?セフレは彼女になれますか?

男子のホンネ▼

男なら誰だって年齢は関係なく好意自体は嬉しいでしょ。

あとは、セフレに関してだけど結論から言ったら セフレでも彼女にはなれる可能性があると思う。

セフレになってる相手に もし、特定の彼女がいる場合は付き合ってよとか迫りすぎるのはよくない。

 

相手がうまくいっていない時にさりげなく狙うくらいがベスト。

いない場合だったら、今遊びたい時期なのかもしれないから 彼女になれたとしても浮気されていい覚悟があるなら狙ってもいいかもね。   

追ったら逃げる関係はタイミング次第で終わりかねない

2

相談②

男性はやはり追われるより追いかけたいですか?私には付き合って1年近くになる彼がいるのですが向こうからの気持ちが伝わってこなくてそろそろ不安になります。

私は割と好きって言うのですが彼から言ってくれたことはありません。

男子のホンネ▼

本来、女性も男性多分追いかけたい生き物。

追われたら逃げるのが人間の性質。特に男はその気質が強いかもね。

1年も付き合ってるなら、彼は安心しているんじゃないかな? 一緒にいるってことが事実だし、不安に思わない方がいいと思う。

 

だけど、相手から追いかけて欲しいならちょっと不安にさせてみる駆け引きしてみたら?

しばらくは好きって自分からは言わないみたいな。

不安を煽って行動させるのは、冷めさせちゃう原因にもなりかねないからほどほどにね。  

今の恋が今までの一番になれたらいい

3

相談③

一番好きだった元カノから復縁したいって言われたら揺らぐものですか?     

男子のホンネ▼

結論から言うと 今の彼女が本気で好きだったら、揺らぎはしない。

今の彼女とうまくいってなかったら揺らぐことはあると思う。 彼氏のタイプにもよるとは思うけど、 男側でも過去は過去と切り捨てるタイプなら揺らぐことはないと思うし 引きずりがちだったり気が多い人ならどんな状況でも揺らいじゃうんじゃないかな?

 

あとは、別れ方も少なからず関係はしてくる。

好き同士で別れてたらそれは危ないし、いくら好きっていってもこじらせて別れてたら思わない。

付き合うかどうかはまた別として揺らぐだけならある人も多いかな。

ろいろ含めて今の彼女との関係次第っていうのが大半だと思うよ。  

彼女がいるのにアプローチする時点で雲行きは怪しい

相談④

彼女がいる男性にアプローチをされています。ご飯にさそわれたり彼女だったらなと言ってきます。

だけど彼女のSNSではとても仲がよさそうです。私は最近気になっているのですが本気にしてもいいですか?

男子のホンネ▼

SNSのリア充報告はただの見栄だったりするので 事実と異なることも全然あることも多いから、そこまで気にすることはないと思う。

特に彼女側のSNSは仲がいい時もそうだけど、うまく行ってなくて不安なときも 勝手にそういうのをアップすることはざらにあるよね。

 

だから、そう思いたいなら彼の好意は本気にしてもいいと思う。

ま、彼女がいる状態で他の女の子にアプローチしちゃうその彼はどれほどいい男なんですかね! 同じことの繰り返しも十分あるの気をつけて。  

女子の「知りたい気持ち」に男子が答えます。

知り合いだったらキツく言われたら傷つくけど、本当のことをズバッといってもらうことも時には必要、、、。

男友達にも聞きづらいけど知りたい、そんな相談を恋辞書プラスで解決してみてはいかがでしょうか?

では、また次回をお楽しみに♪ 

 

 

【恋辞書ライター エドさん】

エドさん

恋辞書ライター。

レンアイ相談を男性目線から回答。恋に悩む女子を応援します!

編集部

編集部

fasme編集部による企画の記事はこちらからCHECK♡