1. 【 男のホンネ】"浮気したくなる女"と"大事にしたい女"の違い

【 男のホンネ】”浮気したくなる女”と”大事にしたい女”の違い

恋愛
女性

基本的に付き合ったら、彼女は大事にするもの。

でも付き合っていくうえでこんなことやあんなことがあると浮気しちゃいたくなったり

逆に大事にしたいなと思ったりはあるわけで。 。

今回は、男性目線で「浮気したくなる女」と「大事にしたくなる女」のポイントを例をあげて紹介します。

まずは浮気したくなる女のこの特徴から。  

浮気したくなる女の条件1 : 約束を破る

女性

まず、浮気したくなる女の子の特徴として 「約束を破る」というところが挙げられます。

例えば、何時に帰るとかご飯の約束とかを何度かすっぽかされたりすると

別の子とご飯に行こうかなとか空いた時間を別の子で埋めようとしてしまうかも。

 

自分との約束をスッポかされて、他の男と遊んでるんじゃないかなって発想にもなってしまうのが男の本音。

なので、彼との約束はなるべくすっぽかさないように注意!

どうしても断らなきゃいけないときも断り方に気をつけてみて!

浮気したくなる女の条件2 :夜の誘いを断る

ベッド

これもたまにだったらいいんだけど、頻繁に続いてしまうと 男としては辛い事柄。

こんな時には他の女の子に目が行っていまいがちかも。

男ってそうなると性欲も溜まっていくわけで溜まったら溜まっただけ、どこかで発散したいっていうことになっちゃうから、、。

そんな状況で、お酒の場で女の子に出会おうものなら浮気に繋がってしまう可能性は大!

だから、彼女としては適度にはちゃんと受け入れてあげた方がそんな不安はなくなるかも。  

浮気したくなる女の条件3 :過度な束縛

束縛

男って縛られるすぎると反発したくなる生き物なんですよ。

思春期の頃に親に反抗するみたいな感じが想像しやすいかな。

束縛束縛で彼の行動を制限してしまうと、とにかく逆効果。あなたの目を盗んで遊んだり、 束縛されなくてもいいような都合のいい女の子を作って遊んでしまいます。  

 

例えば、「飲み会行ってくるね」っていう彼に対して理由もなくダメとか女の子がいるからダメとか言われるのが何回も繰り返されたりすると、なんとしてでも行ってやろうって気持ちにもなってしまいます。

 不安でそういうことをしてるかもしれないけど、男からしたら鎖で繋がれている窮屈感を感じてしまいます。  

浮気したくなる女の条件4 :なんでもいうことを聞く

カップル

彼の要望に対してなんでも「イエス」体制で、全部を彼に合わせて どんなことも許しちゃう女の子も浮気されがちかも。

パワーバランスが完全に彼氏の方が上になっちゃって、何をしてもいいっていう奴隷みたいな扱いになるからこそ他に女の子も作りがち。

適度に自分の意見はちゃんと通せる強さを持つことが大切です。  

 

では、  反対に大事にしたくなる女子のポイントはこちら。  

大事にしたくなる女子の条件1 : 家庭的な女性

家庭的

家庭的な女性のイメージとして料理が上手だったり、掃除や洗濯もきちんとしてるから この先のことを考えやすい。

結婚などの将来性のあることを想像しやすいので、長く一緒にいたい、大事にしたいと男子的には思えます。

 自分が病気のときに看病してくれたり、尽くしてくれた恩みたいなところも 大切にしなきゃなと思えるポイントですね。

大事にしたくなる女子の条件2 : 立ててくれる女性

女性

友人とかの前で彼のことを立ててくれる女子は大事にされますよ。 これ鉄板!

単に友人の前で鼻が高いだけではなく、自分のことをそう見ててくれたんだなと思い 嬉しくなります。

普段そんなに褒めなくても、そういうところで立ててくれることがかなりギャップにも繋がり効果的なところもありますね。  

大事にしたくなる女子の条件3 : 自分磨きを怠らない女性

女性

付き合ってから、気持ちを許してくれるのはいいけど 油断して目の前でおならをしたり、ムダ毛の処理を怠ったり、しょっちゅうすっぴんだったり 太ってきたりすると女として見れなくなってしまうこともあります。

関係的には安定していたとしても、女性としての魅力が薄れていくので浮気に繋がりやすくなってしまいます。

ずっとオンの状態でいろというわけではないけど、女性として自分を磨き続けることは大切だと思います。

最低限気をつければよし!

あなたはどちらに当てはまる?

やっぱり尽くしてくれて、立ててくれて、女性としての魅力があるというのが男としては 弱いですね。

浮気されそうな部分で当てはまっている部分があるとしたら気をつけて 愛される女子にチェンジしていきましょう。

気をつけてても浮気するようなやつはダメンズだったと、早めに捨てて新しく素敵な人を見つけましょう!

編集部

編集部

fasme編集部による企画の記事はこちらからCHECK♡