1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. ついに日本で公開!映画「異物-完全版-」スペシャル対談!

ついに日本で公開!映画「異物-完全版-」スペシャル対談!

ライフスタイル

更新日:

 

『黒い暴動 』『サラバ静寂』『魔法少年☆ワイルドバージン』『転がるビー玉』などで若者の心の叫びを 描いてきた宇賀那健一監督が、世の中に潜む不条理さと、それに翻弄される人々の姿を描いた『異物-完全版』1月15日(土)渋谷ユーロスペースより公開されます!

今回は特集第三弾!!監督の宇賀那健一さんと主演の小出薫さんのスペシャル対談を交えて、映画の魅力に迫っていきます♪

▼▼こちらも合わせてチェック!▼▼

「異物-完全版-」特集第一弾小出薫さんスペシャルインタビューはコチラから▶︎

「異物-完全版-」特集第二弾宇賀那健一監督スペシャルインタビューはコチラから▶︎

 

エロティック不条理コメディー「異物-完全版-」

映画情報

異物-完全版-

監督・脚本:宇賀那 健一

出演者:小出 薫  田中 俊介
石田 桃香  吉村 界人  田中 真琴
宮崎 秋人  ダンカン  高梨 瑞樹
田辺 桃子    佐倉仁菜 春野恵 璃乃 宮藤あどね 他

公式サイト:https://extraneousmatter.com/

公式Twitter:https://twitter.com/ExtraneousMatt1

公式Instagram:https://www.instagram.com/ibutsu_movie/

2022年1月15日(土) 渋谷ユーロスペースより全国順次公開

 

 

【あらすじ】

何かが噛み合わないカップル、カオル(小出薫)とシュン スケ(田中俊介)。 そんな日々に不満を抱えているカオルのもとへ突然“異 物”がやってくる。

そして最終的には二人のもとへ...。 その頃、トモミ(石田桃香)の働くカフェには、元恋人同士 のコウダイ(吉村界人)とミナ(田中真琴)がやってくる。 煙草をくゆらせながら神妙な面持ちで話をしはじめる二 人...。

それから数カ月後、工場で働くリュウ(宮崎秋人)はとあ るものを見つけ、事務員であるミサト(高梨瑞樹)と共に 工場長のタケシ(ダンカン)にとあるお願いをしに向かう のだった。

そうして気が付けば、カオルのもとに“異物”が現れてから一年が経過していた。 一年前とうって変わって何かが吹っ切れた様子でとあるバーへ出かけたカオルは、謎の女(田辺桃子) と会うこととなる...。

 

なんと世界20ヶ国70以上の映画祭で上映! 11のグランプリに輝いた【『異物』シリーズ】が満を持して日本でも公開!

あらすじから見ても「異物」って何?かなり気になりますよね。

また、若者の心の叫びをいろんな視点や題材から作品にしてきた宇賀那監督が今回取り上げている不条理コメディ」。映画の魅力をインタビューで掘り下げていきます!

 

宇賀那健一監督と主演の小出薫さんにスペシャルインタビュー!

写真:James Ozawa

宇賀那健一監督と主演のカオル役の小出薫さん、お二人の対談形式で、インタビューをさせていただきました!

私でいいのって思った

ー早速なんですが、宇賀那監督と小出さんは今回が初タッグなんですか?

宇賀那健一監督
宇賀那健一監督
作品自体は今回が初ではなく以前、魔法少年☆ワイルドバージン」でも冒頭のアニメシーンで声だけ出演してもらっています。出会いはワークショップですね。

小出薫さん
小出薫さん
そうなんです。宇賀那監督のワークショップを受けて、その後に「サラバ静寂」を鑑賞させていただいて、衝撃を受けて絶対この監督の作品に出たい!というところから始まっています。

宇賀那健一監督
宇賀那健一監督
上演後に挨拶に来てもらったときのことはすごく印象に残ってます笑

 

小出薫さん
小出薫さん
感極まってしまって、声が出なくなってしまって...。何か伝えたいけどもうどうしたらいいかわからないみたいな感じになりました。だけど色々察していただいて。

ーその出会いから今回の主演の大抜擢なんですね!

宇賀那健一監督
宇賀那健一監督
最初にお芝居を見させていただいた時から、なんで売れてないんだろうと思うくらい魅力的で、いつか僕の作品に絶対に出てもらいたいなと思っていました。そして念願叶って今回ご一緒出来ました。
小出薫さん
小出薫さん
いえ、、こちらこそありがとうございます!びっくりしました!最初にお話をいただいた時は私なんかでいいの?って。ドッキリかと思ったくらいです笑

短編からの完全版

写真:James Ozawa

ー今回のこの「異物-完全版-」元々は4つの短編だったとのことですが、元々長編にする予定はあったのですか?

宇賀那健一監督
宇賀那健一監督
「異物」がスタートなんですが、当初はシリーズ化するという予定で始まった企画ではないですね。

ーそこからなんでシリーズ化に?

宇賀那健一監督
宇賀那健一監督
「異物」を撮影したのが2019年の10月なんですが、そこからコロナが始まってどんどん「不条理な世の中」になっていって。色々と思うこともあって、緊急事態明けに「適応」「増殖」「消滅」と撮影しました。

ーそうなんですね!まさに時代を切り取った作品。シリーズ化していくことに対して小出さんはどう思いましたか?

小出薫さん
小出薫さん
作品が広がりを持っていくのはすごい嬉しかったです。どんどんキャストも豪華になっていくのも驚きと嬉しさと、あと私大丈夫かな?という気持ちもありました。
宇賀那健一監督
宇賀那健一監督
僕的には異物にとても手応えがあったので、自信がありましたね。それに『異物-完全版』になることによって小さな世界で起こっていることこそが、社会全体の課題でもあるということを浮き彫りに出来たのではないかと思っています。
小出薫さん
小出薫さん
確かに異物単体だとエロティック不条理コメディという謎のまま終わってしまう、衝撃だけ残るような部分があるかもしれません、でも完全版で通してみたときに物語がより広がりを持って、観た人が少しだけ前向きになれるような人生ドラマ作品になっていて私も感動しました。

 

初絡みが「異物」

ー今回小出さんは初の絡みのシーンがあるとのことでしたが抵抗などはなかったですか?

小出薫さん
小出薫さん
腹は決まってました!作品のためならなんでもするという気持ちで臨ませていただいたので抵抗などはなかったです。色々大丈夫かなという意味の緊張などはあったのですが絡み相手が「あいつ」しかもそのあいつを動かすのに監督はじめスタッフの皆さんが夢中で笑
宇賀那健一監督
宇賀那健一監督
スタッフ全員汗かきながら動かしてました!

ー「あいつ」気になります笑

小出薫さん
小出薫さん
「あいつ」との撮影中、モニタールームから監督の笑い声が聞こえてくるんですね。全然笑うところじゃないのに。それがとても印象的です笑。それで少し緊張はほぐれましたけど。
宇賀那健一監督
宇賀那健一監督
現場でこんなに笑ったのは初めてかもしれません笑
小出薫さん
小出薫さん
結果とてもいい経験にもなりました

撮影エピソード

ー今回、役作りやキャスティングにあたり宇賀那さんがお願いした部分や小出さんが気をつけたことなどってあったりしますか?

宇賀那健一監督
宇賀那健一監督
お芝居に関しては小出さんならやってくれるという信頼があったので、事前に僕がお願いしたのは「ショートカット」にしてくれないか。くらいですね。周りの人がロングヘアーが多くて、カオルは差別化したかったこともあり。
小出薫さん
小出薫さん
今までショートヘアにしたことがなかったので、似合うのかなってちょっと勇気はいりました。でも、髪を切ったことで役のカオルに成り切る事が出来たと思います。

ーショートカットとても素敵だと思いました!役作りの面では他に特別にしたことってありましたか?

小出薫さん
小出薫さん
私、「異物」でのセリフがないんですよ。
宇賀那健一監督
宇賀那健一監督
そうそう、短編の『異物』では「セリフ」はないね。

ー主演なのにセリフがない!?

小出薫さん
小出薫さん
そうなんです。だからこそ世界観の表現や役の感情を掴むために、カオルとして日記を書いたりして試行錯誤はしていました。
宇賀那健一監督
宇賀那健一監督
微調整は結構しましたが、お互いの見解の大きな相違もなかったですし、方向性が定まってからはすごくスムーズでしたね。

ー宇賀那監督の目に狂いはなかったってことですね!さすがです。

小出薫さん
小出薫さん
あと、幼少期の写真は実際に自分のもので宇賀那監督が実家まで来てくれて。
宇賀那健一監督
宇賀那健一監督
そう、実家におじゃまして小出さんの家族に挨拶して写真を借りていくという。
小出薫さん
小出薫さん
家族と宇賀那さんが話しているのはちょっと不思議な気持ちになりました笑。ですが、宇賀那監督の作品への強い想いも感じられました!ただ、実家で役者モードじゃない自分を監督に見られるのは少し恥ずかしかったです。
宇賀那健一監督
宇賀那健一監督
ご家族のお話を聞けたのも僕的にはよかったですね。

ーその写真も見どころですね!そして、今回はインタビューさせていただきありがとうございました!

ぜひ、気になるところがたくさんなので劇場でチェックさせていただこうと思います!

宇賀那健一監督
宇賀那健一監督
ありがとうございました!ぜひ、劇場でお待ちしております!
小出薫さん
小出薫さん
ありがとうございました。たくさんの人に劇場で見ていただけたら嬉しいです!

宇賀那健一監督・小出薫さんプロフィール

写真:James Ozawa

宇賀那健一

1984 年 4 月 20 日、東京都出身。青山学院経営学部経営学科卒業。
ブレス・チャベス所属の映画監督/脚本家/俳優。初監督した『発狂』がアメリカを中心とした数々の海外映画祭に 入選。
続く3作品がいずれもカンヌ国際映画祭ショートフィルムコーナーにて上映され、
第21回ゆうばり国際ファ ンタスティック映画祭では宇賀那健一監督特集上映が行われた。
近年ではガングロギャルムービー『黒い暴動♡』が2016年に、
娯楽が禁止された世界を描いた『サラバ静寂』が 2018年、
30歳を超えた童貞が魔法使いになるラブコメファンタジー『魔法少年☆ワイルドバージン』が2019年、
NYLON JAPAN15周年記念映画『転がるビー玉』が2020年に公開した。
『魔法少年☆ワイルドバージン』は世界三大ファンタスティック映画祭の一つである
第38回ブリュッセル国際ファ ンタスティック映画祭に入選した。

fasmeへのメッセージ

今は、ご時世的に是非映画館で観て下さいって言いにくいと思うんですが、僕はやっぱり映画館で観てもらいたいです。

僕やキャストやスタッフは暗闇の中で、大きなスクリーンと素晴らしい音響環境の中、知らない人たちと作品を観る、あの映画館という空間で作品を観てもらうために作っていますし、劇場の方々も全力で感染症対策してくださっていると思うので。

ぜひ、映画館でご覧いただければ嬉しいです!

 

 

 

写真:James Ozawa

小出薫

1985年10月8日生まれ、埼玉県出身。大学在学中に女優デビュー。

以降、映画、ドラマ、CM、モデル、舞台など幅広く活動。主な出演作品は『サラリーマンNEO劇場版(笑)』、『神 様のカルテ2』など。

2017年日本映画テレビプロデューサー協会主催のアクターズセミナー賞選定オーディショ ンにて「アクターズセミナー賞」を受賞。

fasmeへのメッセージ

映画館で映画を観るという事は”映画体験”として深く心に残るものだと思っているので、私もぜひ劇場で見ていただきたいです。

つらいことや悲しいこと、それぞれの人生の中で色々な事があると思いますが、この映画を通して一歩前に踏み出せたらなんて大それたことは言えないけど、少しでも顔を上げていただけたら嬉しいです。

もしかしたら、おもしろい発見やなにか変わるきっかけになるかもしれません。

『異物-完全版-』は最高の作品になったと私は思っています。

この作品を通してたくさんの人と出会えますように。

映画「異物-完全版-」よろしくお願い致します。

 

豪華な出演者にも注目!映画「異物-完全版-」はぜひ劇場でチェック♪

今回はスペシャルインタビューで映画「異物-完全版-」を紹介させていただきました。

いかがだったでしょうか?

小出薫さんを筆頭にキャストもとても豪華!とても気になる部分も多かったと思うので

ぜひ、映画館でをご確認ださい!

映画「異物-完全版-」は2022年1月15日(土)渋谷ユーロスペースより公開です。

この不条理をどう感じるかはあなた次第かもしれませんね。

編集部

fasme編集部による企画の記事はこちらからCHECK♡