1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 映画「異物-完全版-」主演小出薫さんにインタビュー

映画「異物-完全版-」主演小出薫さんにインタビュー

ライフスタイル

更新日:

 

『黒い暴動 』『サラバ静寂』『魔法少年☆ワイルドバージン』『転がるビー玉』などで若者の心の叫びを 描いてきた宇賀那健一監督が、世の中に潜む不条理さと、それに翻弄される人々の姿を描いた映画『異物-完全版』1月15日(土)渋谷ユーロスペースより公開されます!

公開に当たって、fasmeでも『異物-完全版-』大特集!

今回は主演の小出薫さんのスペシャルインタビュー交えて、映画の魅力に迫っていきます♪

 

 

エロティック不条理コメディー「異物-完全版-」

映画情報

異物-完全版-

監督・脚本:宇賀那 健一

出演者:小出 薫  田中 俊介
石田 桃香  吉村 界人  田中 真琴
宮崎 秋人  ダンカン  高梨 瑞樹
田辺 桃子    佐倉仁菜 春野恵 璃乃 宮藤あどね 他

公式サイト:https://extraneousmatter.com/

公式Twitter:https://twitter.com/ExtraneousMatt1

公式Instagram:https://www.instagram.com/ibutsu_movie/

2022年1月15日(土) 渋谷ユーロスペースより全国順次公開

 

 

【あらすじ】

何かが噛み合わないカップル、カオル(小出薫)とシュン スケ(田中俊介)。 そんな日々に不満を抱えているカオルのもとへ突然“異 物”がやってくる。

そして最終的には二人のもとへ...。 その頃、トモミ(石田桃香)の働くカフェには、元恋人同士 のコウダイ(吉村界人)とミナ(田中真琴)がやってくる。 煙草をくゆらせながら神妙な面持ちで話をしはじめる二 人...。

それから数カ月後、工場で働くリュウ(宮崎秋人)はとあ るものを見つけ、事務員であるミサト(高梨瑞樹)と共に 工場長のタケシ(ダンカン)にとあるお願いをしに向かう のだった。

そうして気が付けば、カオルのもとに“異物”が現れてから一年が経過していた。 一年前とうって変わって何かが吹っ切れた様子でとあるバーへ出かけたカオルは、謎の女(田辺桃子) と会うこととなる...。

 

なんと世界20ヶ国70以上の映画祭で上映! 11のグランプリに輝いた【『異物』シリーズ】が満を持して日本でも公開!

今回は映画の魅力や主演の小出薫さんの魅力をインタビューで掘り下げていきます!

主演カオル役の小出薫さんにインタビュー

今回は、より小出薫さんの魅力について掘り下げるべく、パーソナルな部分から作品に対しての想いなどを聞かせていただきました。

 

ーはじめましてになると思うのですが、いろんなことを聞かせていただきます!よろしくお願いいたします!

小出薫さん
小出薫さん
はじめまして。あまりインタビューには慣れていないのですが、よろしくお願いいたします。

ー早速なんですが、いつから役者業をなさっているのですか?

小出薫さん
小出薫さん
私は大学4年生のときからです。

ーそうなのですね!最近ではデビューが早い方が多かったのでびっくりしました!

小出薫さん
小出薫さん
はい。ずっと映画が好きで役者になりたいという想いはあったのですが、就活のタイミングで人生のことを考えたときに後悔したくないなと決断しました事務所に所属した最初の頃は役者というよりはモデル業の方が多かったですが。

ーすごく行動的ですね!そこからはモデル業がメインで?

小出薫さん
小出薫さん
そういうわけではないんですが、映画の出演の機会は勿論、映画のオーディションすらもなく、とにかくた仕事をコツコツと頑張ってきました。ワークショップに行ったり、いろんな作品を見たり努力もしていたんですがそれでも何年も何年も映画と縁が繋がらなくて、こうも映画って出るのが難しいんだなと思っていました

ー努力家ですね。なかなか思っていても「今さら」と行動を起こすことが出来ない人も多い中とても勇気になります!

小出薫さん
小出薫さん
良くも悪くもですが、幼少期の頃からとにかく興味のあることに周りが見えなくなる程夢中になっちゃうところがあって

ーちなみにお芝居の経験も大学卒業時からということですか?

小出薫さん
小出薫さん
そうですね。そうなります。

ーやっぱり、やってみて違うなと思うことなどはなかったんですか?

小出薫さん
小出薫さん
うーん。違うなとかはあまり考えた事はなかったです。ただただお芝居がしたい!やっと挑戦出来る!楽しい!っていう気持ちが強かったです。もちろん本当に難しいしすぐに壁にぶつかりますが笑

ーすごい!お芝居の才能があったんですね!

小出薫さん
小出薫さん
そんなことは...。誰しもが芝居の才能ってあると思ってます。日常でもみんな無意識で芝居してる部分ってあるじゃないですか。

ーもちろん、努力もあってこそだと思うのですが苦節が長い中の今回大抜擢ですね!

小出薫さん
小出薫さん
私が一番びっくりしました!なんで私だったんだろうって最初は信じられなかったです。

ー最初は動揺などもあったんですね

小出薫さん
小出薫さん
はい。でも本当に嬉しかった。普通じゃない作品ではありますが笑

ー確かに、内容的にもちょっと「普通じゃない」ですもんね!

小出薫さん
小出薫さん
初主演で濡れ場もあったりで未経験のことも多かったですが、監督をはじめ尊敬するスタッフやキャストの方々に本当に助けて頂いたおかげでじきることが出来ました。形になってより強くそう思います。

ーまた、短編映画の「異物」から完全版へなるにあたってはどう思いましたか?

小出薫さん
小出薫さん
長編にすると聞いた時はびっくりしました。錚々たる方々が決まっていったので、私が主演という形で大丈夫なのかなと不安にもなりました。

ー作品的には変わったなと思うところも?

小出薫さん
小出薫さん
そうですね。短編の「異物」だけだととにかく衝撃的なものを観た、という感情が強く残るかもしれないのですが、「異物-完全版-」では、物語も登場人物もより膨らんでそれぞれの人間ドラマが表されているし、観終わった後の感情が全然違うものになると思います。ラストも感動しましたし、誰かの背中にそっと寄り添えるような作品になっているかなって。

ー短編ずつで見てから完全版も見たいという気持ちにまでなってきました笑!キャストとのエピソードなどもありますか?

小出薫さん
小出薫さん
恋人役が田中俊介さんなんですが、挨拶をした時は凄い笑顔だったのに撮影のセッティング中、カメラが回ってないところでもずっと怖い表情で会話もほとんどなくて、何か失礼なことしちゃったのかなってちょっと不安になりました

ーそんなことが!

小出薫さん
小出薫さん
はい笑。ですが打ち上げの際に、役柄的に冷め切った関係だったので役作りでそうしてました、言ってもらえたのでよかったです!現場での集中力も芝居の対応力も含めて本当にすごい役者さんだなと刺激を受けました。

ーカメラが回っていないところでもストイックなのですね!素敵なエピソードありがとうございます!最後になるのですが、fasmeの読者に一言もらえたら嬉しいです。

小出薫さん
小出薫さん
何事もまずは挑戦してみる事が大切です。私も憧れるだけではなく行動し続けたことでこの作品に出会うことが出来ました。これからたくさんの人の心を動かせるような役者になれるように精進していきますのでよろしくお願い致します!そして、映画「異物-完全版-」ぜひ劇場でご覧ください!

ーありがとうございました!小出薫さんと監督の宇賀那健一さんとのスペシャル対談も近日公開予定!お楽しみに。

 

小出薫さんプロフィール

 

写真:James Ozawa

小出薫

1985年10月8日生まれ、埼玉県出身。大学在学中に女優デビュー。

以降、映画、ドラマ、CM、モデル、舞台など幅広く活動。主な出演作品は『サラリーマンNEO劇場版(笑)』、『神 様のカルテ2』など。

2017年日本映画テレビプロデューサー協会主催のアクターズセミナー賞選定オーディショ ンにて「アクターズセミナー賞」を受賞。

fasmeへのメッセージ

映画館で映画を観るという事は”映画体験”として深く心に残るものだと思っているので、私もぜひ劇場で見ていただきたいです。

つらいことや悲しいこと、それぞれの人生の中で色々な事があると思いますが、この映画を通して一歩前に踏み出せたらなんて大それたことは言えないけど、少しでも顔を上げていただけたら嬉しいです。

もしかしたら、おもしろい発見やなにか変わるきっかけになるかもしれません。

『異物-完全版-』は最高の作品になったと私は思っています。

この作品を通してたくさんの人と出会えますように。

映画「異物-完全版-」よろしくお願い致します。

 

今後も映画『異物-完全版-』の特集が!お楽しみに!

今回は映画『異物-完全版-』の主演小出薫さんにインタビューさせていただきました!

いかがだったでしょうか?

そして、このスペシャル特集はまだまだ続きます!

なんと明日10日(月)には宇賀那健一監督へのインタビュー、12日(水)には二人のスペシャル対談も予定しています♪

みんなで映画公開までの気持ちを高めて行きましょう♡

公開をお楽しみに!

 

 

編集部

fasme編集部による企画の記事はこちらからCHECK♡