1. 女友達にor恋人に何あげる??クリスマスプレゼント2018年決定版♥

女友達にor恋人に何あげる??クリスマスプレゼント2018年決定版♥

ライフスタイル

毎年この季節になると、悩み始める『クリスマスプレゼント』

女子会で友達同士だったり、恋人にだったり

喜んで欲しいからこそいろいろ悩みますよね。。

今回はクリスマスプレゼント事情を18歳~30歳女性にfasmeでアンケ―トをとって

それを元に今年のオススメプレゼントを紹介します♥

♡クリスマスプレゼントあげる?予算は?

まず、恋人や友達、家族問わずクリスマスプレゼントをあげるかどうかという質問に対して

あげるが58.8% あげないが41.2%という結果。

予想よりもあげない派が多い!と感じたのですが

あげない派の方々は

「プレゼントでなく一緒の時間を共有したい」「旅行やごはんなどにお金をかけたい」

という意見が多くみられました。


そして、あげる派あげない派どちらにも

あげるとしたらの予算を聞いてみると

【友達】

3000円~5000円

がダントツの1位に!

続いて

社会人の方は5000円~1万円、

学生さんは1000円~3000円となりました。

 

【恋人】

1万円~2万円

が多くみられて

上限は決めてないけど、1万円以上と考えている子が過半数を超えていました。

ちなみに24歳以上は2万~3万円というのが多いみたいです。

 

♡貰ったら嬉しいものランキング《友達》

1位クリスマスコフレ

2位ヘアケアグッズ

3位アクセサリー

4位バスグッズ

5位リップ

ダントツでクリスマス感もあって、トレンドも抑えられる

クリスマスコフレが人気!

あとは、ケア用品が自分ではあまり買わないのや

何個あっても困らないものは嬉しいとの意見が多かったです♪

♡女友達へのおすすめのプレゼントはコチラ

限定のクリスマスコフレはほぼ売り切れ💦

狙い目はホリデイコスメ▼

『タイニートゥインクル ミニトゥーマッチオーナメント』/ETUDEHOUSE

オーナメント型のパッケージもクリスマス感が出て

冬にオススメなカラーが揃ったリップの3本セット♥

リップは何本あっても困らないので嬉しいですよね♪

 

見た目もカワイイ&絶対使えるから喜ばれる間違いなしはコチラ▼

●LILAY(リレイ)

価格帯もピッタリ♪

種類もあるので選べるし

ギフトセットもあるのでプレゼントにはとってもおすすめです♥

とにかく見た目からカワイイので

開けた瞬間にとってもテンションが上がりそう♥

♡貰ったら嬉しいものランキング《恋人》

こちらは男性にアンケートを取りました!

1位マフラー、手袋などの防寒グッズ

2位時計

3位スキンケアグッズ

4位スニーカー

5位手帳、ベルト

これが欲しい!というより、彼女が選んでくれたものが嬉しいという答えが多く

身に着けるもので自分ではあまり買わないものがいいなという意見も多く寄せられました。

♡恋人へのおすすめのプレゼントはコチラ

定番はやっぱり▼

男性に聞いてもらって嬉しいブランドは

ポロラルフローレン、ビームスという答えが多く

どちらも価格も種類もバリエーションがあるので

予算に合わせて探せるのも嬉しい♥

彼をさりげなくコーディネートできていつも身に着けてくれるものなので

クリスマスプレゼントにはピッタリです♪

 

さりげなくペアに♥▼

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Klasse14さん(@klasse14)がシェアした投稿 -

お揃いのアイテムはやっぱりクリスマスならではのもの!

定番のリングやアクセサリーもいいけど

時計などの小物でカジュアルにペアにするのもオススメです♥

 

さりげなく思いやりをプラスするなら▼

【BULK HOMME】

なかなかスキンケアまで手の回る男性はいないので

プレゼントにプラスしてあげても絶対に喜ばれる間違いなし♪

彼のステキ度をますます上げちゃうから一石二鳥♪

男性の認知度も高いのでこれ気になってた!なんて言ってもらえるかも♥

BULK HOMME購入はこちらから

♡ステキなクリスマスを…

今年のクリスマスプレゼントの参考になったでしょうか??

アンケートを元に紹介させていただきましたが

何をあげたら喜んでくれるかな?と考えてプレゼントする

気持ちが一番大切です♥

みなさんがステキなクリスマスを過ごせますように♥

おすぅ

おすぅ

fasmeのご意見番。 普段は記事関連や広報関連を行っている、社会人2年目です! 好きなものは首都高とユーミンとセーラームーン。 バブル時代のトレンディドラマに憧れて、都会のキラキラしたオンナになるために宮城県からやってきました。 コンプレックスは紫式部似の分厚いひとえ。 その反動で、派手なファッシ...