1. 浴衣・夜景・お酒、全て楽しみたい女子必見!話題の【東京湾納涼船】に潜入♡

浴衣・夜景・お酒、全て楽しみたい女子必見!話題の【東京湾納涼船】に潜入♡

編集部企画

TAGS

そろそろ夏休み本番!せっかくだから、思いっきり夏を満喫したいですよね。

今回は、一度は憧れる「納涼船」に、fasme編集部が潜入してきました♡

スポンサードリンク

■浴衣の人は、1000円引き?!東京湾納涼船がアツい。

今回編集部が乗ったのは、「東京湾納涼船」

都内で一番メジャーな納涼船で、6月29日から9月24日まで、毎日19時15分より出航しています。

2時間飲み放題で、さらに都会の夜景を満喫できる、激アツスポットなんです♡

さらに、浴衣で乗船する人は1000円引きという嬉しい特典も。浴衣でお出かけしたい人必見です!

▶詳しくはこちら♡

■出航前は、ターミナルで浴衣をレンタル♡

東京納涼船の魅力は、なんといっても浴衣のセットが一式レンタル出来ちゃうところ。

肌着や下駄・巾着も貸してくれて、さらに着付けもしてくれるので、手ぶらでOKなんです♡

今回は、乗船券つきの6300円(土日祝:7300円)のパックを利用しました!

1.浴衣はサイズも種類も盛りだくさん!お好みのデザインをチョイスして。

レンタルだからって侮るなかれ。浴衣も帯も下駄もカバンも種類が豊富なので、
自分の納得するコーディネートが可能です。センスの魅せどころ!

こなつは、「せっかくのレンタルだし、普段着ないような浴衣がいいよね。」と、水色の花柄をチョイス!いつもは黒や紺を着ることが多いため、ちょっと照れ臭そう…。

涼し気なパステルカラーに、緑の葉が綺麗なアクセントになっています。

浴衣に合わせて、巾着も明るめのカラーを。黒いラインが締め色になっているのもポイントです♪

下駄はなんとドット柄!足元にもしっかり遊び心を入れて、センスを光らせましょ♡

一方、古典顔代表のおすぅのテーマは、「小料理屋の女将」。紺のストライプ×黄色い花の大人っぽいデザインを選びました。(強風で死んだ顔は隠しておきます…)

黄色の帯をすることで、落ち着かせすぎず垢抜けた印象に♡

巾着も、シックにまとめて上品さをプラス。長財布の人は、横長の形を選ぶのがオススメです!

全体をシンプルにまとめた分、足元では少し軽さを演出。黄色×紫の組み合わせは、月夜をイメージしました♡

▶男子が好きな浴衣の柄は、こちらをチェックしてね♪

2.せっかくの浴衣。ヘアスタイルもこだわりましょ♡

せっかく浴衣を着るんだから、ヘアセットも入念に。
おくれ毛とうなじが色っぽいアップヘアは、男ウケも女ウケも抜群です♡

東京湾納涼では、浴衣レンタルだけではなく追加料金でヘアセットも可能。
仕事帰りの人やアレンジが苦手な人は、プロに任せちゃいましょう!

▶男子が選ぶ浴衣ヘアは、こちらをチェック♡

■まるで船上のビアガーデン!夜景もお酒も満喫…♡

この納涼船の醍醐味は、なんと言ってもお酒と夜景。

船内には、給水ポイントのごとく生ビール置き場があるんです。
工場直送のビールが2時間飲み放題なんて有難すぎる…!

もちろん、ビール以外にもワインやサワー、ソフトドリンクも揃ってるのでご安心を♡

船内にはいくつか屋台があり、フードも充実!まるでお祭りのよう。

どれもだいたい300~600円台で、ボリュームも結構あるのでコスパも完璧です♪

フードは全てチケット制で、5枚1組からの購入です。
ちなみに2人で1000円分ずつ買えば、だいぶ満腹になれましたよ♪

■中も外も楽しい♡納涼船オススメスポット

納涼船のメインはもちろん綺麗な東京の夜景。
でも、楽しみは夜景だけにとどまらないのです。

実はこの船、6フロアに分かれていて、それぞれ見どころ盛りだくさん!
それでは下の階から順に潜入してみましょう♡

1.【Eデッキ】プロジェクションマッピングでインスタ映え♪

船を一番下まで下ると、何やら幻想的な雰囲気…。
なんとEフロアでは、プロジェクションマッピングが開催されているのです!

こんな映画のワンシーンのような写真が浴衣で撮れるなんて、もう最高…♡

2.【Dデッキ】休憩に最適!人が少ない穴場スポット

Dデッキではフリースペースが開放されていて、まるで新幹線のようなリクライニングシートが並んでいます。

人が少ない静かな空間なので、涼しいところで休憩したい人や、ちょっとゆっくりしたいカップルにオススメです♡

3.【Cデッキ】海底をイメージしたレストランで、特別な夜を…♡

海底をイメージした船上のレストランだなんて、それだけで行きたくなりませんか…?
こちらは要予約なので、行きたい人は早めにチェックしてみて♪

4.【Bデッキ】やっぱり甘いものはかかせない♡スイーツを食べるならここ!

お酒やおつまみもいいけど、デザートは別腹なのが女子の特権。
安心して下さい、ちゃんとスイーツもそろってます♡

中でもオススメなのが、1本100円のハートマシュマロ

夜景と一緒にフォトジェニックな写真も撮れちゃうし、もちろんサラッと食べられちゃうので一石二鳥♡

5.【Aデッキ】フードあり、イベントありのメインスペース

一番盛り上がりたいなら、やっぱりAデッキ!

浴衣ダンサーによるステージや、船上ラジオのDJブースがあるので音楽も雰囲気も最高です♪

フード屋台が充実しているのもAデッキなので、ここにいれば必ず楽しめますよ。

6.【トップテラス】ロマンチックな都会の夜景にうっとり…♡

夜景を思う存分満喫したいなら、開放的な空間・トップテラスへ。
あたり一面宝石のような夜景に囲まれるなんて夢のよう!

■納涼船の、ナイショ話♡

ここからは、実際に編集部が乗って分かった教訓をご紹介します。

1.「ナンパ禁止」とはいえ、ぶっちゃけ声はかけられる

浴衣の男女が集まる納涼船。同性同士で行く人が多いため、どうしても「出会いモード」になっちゃうもの。

東京湾納涼船では、「船上でのナンパ行為」は禁止事項になっています。
とはいえ、やっぱりちらほら声をかけられてしまうのが現実なので、面倒な子は注意した方が良いかも…。

本当に快適に過ごしたいのなら、彼氏と行くか、男友達を含んだグループで行くのがオススメ!

2.海風×汗の威力は絶大!ビジュアルキープは至難の業…

浴衣を着て夜景を見るなんて、やっぱり納涼船って夢みたいな空間…♡そう油断していられるのは最初の30分だけなんです!!

トイレで鏡を見てびっくり。前髪は海風でベタベタ、顔面は汗でテカテカ…これが一番の難点!

テカリ防止下地や、前髪サラサラシートなどを駆使して、被害を最小限にとどめましょう。

♡顔汗を抑えるなら、断然サラフェ

どんなにパウダーをはたいても、汗を抑えないことにはテカリは収まらない!

塗るだけ制汗クリームのサラフェは、顔面崩れを抑えられるからオススメ♡

>>>詳しくはこちら!

■平成最後の夏。納涼船で特別な思い出を…♡

浴衣を着たい欲も、ビアガーデンに行きたい欲も、都会を満喫したい欲も、全て楽しめる納涼船。

せっかくの平成最後の夏、特別な思い出を作りましょ♡