1. 花粉症や風邪の日は、マスクでもしっかり盛れるアイメイク!

花粉症や風邪の日は、マスクでもしっかり盛れるアイメイク!

MAKE UP

花粉症や風邪の日は、どうしてもマスクはかかせないもの。

顔のコンプレックスを隠すためにも使えますよね。

ただ、マスクをすると嫌なことがいっぱい!

目だけしか見えないからか「目つきが悪いよ」なんて言われてしまう…。

マスクのせいで化粧がすぐに崩れちゃう…

マスクの日は、盛りに行くのをあきらめた方がいいのかなぁ。

ノーメイクでも仕方ないのかも。そんなあなたも今日でお別れ!

マスクをつけている自分が少しでもかわいく見えるようなメイク方法、一緒に覚えませんか?

テンション低めの風邪の日にも負けない、とっておきのメイクを自分のものにしましょ。

 

スポンサードリンク

■MOVIE

 

▽▲fasme.media▲▽さん(@fasme.media)がシェアした投稿 -

check

ポイントは、「やりすぎないアイメイク」

目元に目線が集中するからこそ、キツいアイメイクは「目つきが悪い」という印象を与えがちなんです。

柔らかくふんわりとした仕上がりを心がけて。

■使用コスメ

ヌードパレット ブラッシュド ¥2200 / メイベリン

デザイニングアイブロウ3D EX-4 ¥1200 / KATE

●お手持ちの眉マスカラ、アイブロウペンシル、アイライナー

 

 動画で使用しているものは…

アニマルアイブロウマスカラ LB ¥100/miopiccolo

3 in 1クイックアイブロウ ライトブラウン ¥800 / LB

ジェルラインアーティスト B01 ¥550 / キャンメイク

 

■HOW TO

1.マスクの形を安定させる

マスクは、鼻部分を強めに折っておく。ここでマスクの形を安定させます。

 

2.ヘアアレンジもして小顔効果!

髪型はアップにするとすっきりさせてくれる!

ついでに小顔効果も期待できちゃいそうです

 

3.お肌はナチュラルめに

肌はコンシーラーと粉だけでさらっとナチュラルに仕上げましょう。

 

4.眉にファンデを塗る

眉はふんわり眉を。まず、ファンデーションを眉に塗り、癖を消します。

 

5.パウダーで埋める

パウダーで眉の隙間を埋めます。眉頭くらいまで埋めてあげましょう。

 

6.目尻はペンシルで

ペンシルで、眉尻の足りない部分を描き足して、形の調整をしていきましょう。

目尻を濃く、くっきりとやりすぎないのもポイントです。

 

7.眉マスカラでトーンを整える

眉マスカラで自然なカラーに仕上げて。

 

8.アイホールは薄めブラウンで

薄めの茶色シャドウで、アイホール全体を色付けます。 

 

9.二重幅に濃いブラウンでグラデを作りましょう

ベージュシャドウを涙袋、ダークブラウンを二重幅に。

二重幅にのせることで、グラデーションを作り出せます。自然に深い色合いが表現できますね。

 

10.下まぶたにはダブルラインを作る

下まぶたのダブルラインも、パウダーでいつもよりふんわりめに。

ダブルラインって?疑問を持ったあなたはこちらへGO!瞳を自然にくっきりと見せてくれます♡

 

11.アイラインは目尻だけでOK

 アイラインは目じりのみ。下ラインは、黒目の真下に少しだけ乗せるイメージで。

「いつもより薄く」を意識です。キツくなりすぎないように気をつけて。

■完成!

マスクをしても浮かない、ほどよいアイメイク。

派手すぎず、でもしっかり盛れるバランスを意識してあげることで、マスクをしてる自分にも自信が持てちゃう!

これで怖い!なんてイメージももたれず、カワイイあなたで過ごせます。

■マスクをすると、メイクが崩れがち…

マスクを外せない時、一番困るのがメイク崩れ。

目元のメイクがせっかくかわいくできたのに、メイク直しを何度もやらないといけないなんて、メンドウ!

そんなあなたに向けて、メイク崩れを少しでも防ぐ方法を伝授いたします♡

風邪の時でも、花粉症の時でも、ノーメイクはやめてどんな時でもオンナらしくかわいくいましょ。

1.原因は〇〇!

メイクが崩れる原因は大きく分けて2つあります。

1つ目は呼吸による湿気。

2つ目はマスクが肌に当たってしまうことでの摩擦。

この2つが原因なんです!その原因たちと戦うために、メイクの方法をご紹介していくので、ぜひ覚えていってくださいね。

2.化粧下地のチョイスは…?

「蒸れ」を防ぐために、マスクがかぶる部分と顔全体で下地を使い分けるのがポイントです!

群れる部分(鼻や口)だけ普段使いのアイテムと変えてみて。

例えば…

●皮脂崩れ防止化粧下地 ¥2800 / Primavista

 →皮脂や汗を抑えてくれるタイプ。気になるテカリをしっかり抑えてくれる優秀アイテムです♡

発売されて6年間、ずっと愛され続けています。たくさんの女子たちから愛されていると、安心感もありますよね。

是非試してみて!

3.パウダーとリキッド、どっちのファンデ?

答えはパウダータイプを選ぶべしです!

テカリを抑えるために薄めにのせましょう。ただ濃くのせすぎたり、重ねすぎてしまうとメイク崩れの原因につながるので注意してくださいね。

マスクをつける時には顔全体をティッシュで抑えてあげます。その一手間でベタつき感が薄れるので、マスクにメイクが移りにくくなりますよ♡

化粧直しの際もパウダーをのせる前にティッシュで押さえるようにしてあげると、ナチュラルに仕上がりますよ。

4.チークはクリームタイプがおすすめ

ほっぺの部分は特にマスクが触れる部分ですよね。

そこにパウダーをのせてしまうと落ちやすくなってしまいます!

クリームタイプやリキッドタイプをのせてあげると崩れにくくなりますよ。さらにその上からパウダーファンデをのせてあげれば、さらにしっかりめに色味が残ります。

最後の仕上げでパウダーをのせてあげると良いですね!

5.口紅もしっかりつけてあげて

マスクはずっとつけっぱなし、そんなことないですよね。

いざマスクを外した時にノーメイクのような恥ずかしい姿は見せられません!いつでもオンナ度を高く持っていきましょ。

ただし、グロスタイプはマスクにくっつきやすいので、避けるようにしてください。

マットタイプの口紅を選んであげればしっかり馴染んで、マスクにもくっつきにくくなりますよ!試してみてくださいね♡

例えば…

●マットリキッド ¥1500 / メイベリンニューヨーク

見た目も可愛いマットリップ。

カラーも7色あるので、マスクをつけている時のナチュラルメイクに合う1本も見つかるはず。プチプラでゲットしやすいのも嬉しいですよね。

 

●ルージュ アンリミテッド シュプリーム マット ¥3200 / シュウウエムラ

クリアなケースのマットリップ。

マットなのに乾燥もしにくくなっているので、唇にも優しいですよ。カラーもたくさん出ているので、シチュエーションごとに楽しんでみては?

■アイテムに合わせて引き算を覚えるのも、出来る女のたしなみ。

常に100%の力でメイクをすればいいなんてのは、間違い。

抜くところは抜く、強調するところは強調する。このメリハリが大事なんです!

マスク用メイクに限らず、身に着けるアイテムによってバランスを取れるように、

日ごろから「メイクの計算式」を意識してあげて。オンナとしてできるメイクを楽しみましょ♡