1. ベビーパウダーがファンデーションに?!メイク崩れ知らずのお肌をgetしよう!

ベビーパウダーがファンデーションに?!メイク崩れ知らずのお肌をgetしよう!

メイク・コスメ
ファンデーション

「ファンデーションがヨレてしまう…」「マットな質感のお肌が作りたい♡」「お肌に優しいアイテムでメイクをしたい!」そんなお悩み解決におすすめなアイテム、ベビーパウダー。

薬局などでも簡単に買うことができるベビーパウダーは赤ちゃんだけのものではないって知っていましたか?

今回は、

・ベビーパウダーをファンデーションとして活用する方法
・ファンデーションとしておすすめのベビーパウダー5つ
・ベビーパウダーをファンデーションとして使う時の注意点

などをご紹介します!

ベビーパウダーってなに?

ベビーパウダー

「あせも」や「ただれ」を防ぐためのパウダーで、主に赤ちゃんのスキンケアアイテムとして使われていることから『ベビーパウダー』という名前がつけられました。

タルクという天然物質とデンプンから作れていて、肌表面の水分・油分を吸収しながらも、ほどよく保湿をしてくれる効果があり

・カミソリ負け
・暑い時期の前髪ベタベタ解消
・汗防止
・メイクやネイル

など、赤ちゃんだけでなく大人も使うことができる便利なパウダーです。

ベビーパウダーの種類

ベビーパウダーには2つのタイプがあります。

粉タイプのベビーパウダー

パウダーがそのままケースに入っているタイプのベビーパウダーです。

また、同じベビーパウダーでも『シェーカータイプ』と『丸型容器タイプ』の2タイプのパッケージがあります。

 

パフに取ることで広範囲に簡単に塗ることができるのですが、粉状なので周りに飛び散りやすく、使う際には注意が必要です。

固形タイプのベビーパウダー

ファンデーションタイプのベビーパウダーです。

固形タイプのベビーパウダー

パウダーが圧縮され固まっているので飛び散る心配がなく、コンパクトケースに入っているため持ち運びがすやすく、外でも利用しやすいというメリットがあります。

メイク直しなど、外出先で利用する場合は固形タイプ(プレスドタイプ)のベビーパウダーの方が扱いやすく、オススメです。

ベビーパウダーをファンデーションとして使うメリット

「あせも」や「ただれ」を防ぐためのベビーパウダーですが、肌表面の水分・油分を吸収しつつ保湿効果を持っていることから、最近でネイルやリップ、チークや眉毛などメイクにも使われることが増えてきました。

中でも、

・皮脂によるメイク崩れがおこりにくい
・マットな質感に仕上げてくれる
・赤ちゃんに使える=お肌にやさしい
・コスパが良い

といったメリットに注目が集まり、ファンデーションの代わりに使う人も増えてきています。

ファンデーションとしてベビーパウダーを使ってみよう!

①メイク下地と合わせて使おう

メイク下地

メイク下地とベビーパウダーを一緒に使うことで、ファンデーションを長持ちさせることができます。

使い方はとても簡単で、保湿効果があるメイク下地に粉タイプのベビーパウダーを少し混ぜ、普段通りに下地を塗っていくだけ。

ベビーパウダーが肌表面の水分・油分をほどよく吸収してくれるので、ファンデーションの崩れを防ぎ、長時間キレイな状態をキープすることができます。

Tゾーンなど、皮脂がでやすくすぐに顔がテカってしまう…といった悩みを持っている方は、ぜひいつものメイクにベビーパウダーをプラスしてみてくださいね!

②ファンデーションとして使おう

ファンデーション

ベビーパウダーは、ファンデーションとしても使うことができます。

化粧水でお肌を整え、メイク下地または日焼け止めを塗ったら、パフや毛足の長いブラシに適量のパウダーをとり、お肌にポンポンと優しくのせていきましょう。

ベビーパウダーをつけすぎてしまうと顔が真っ白になってしまうので、つけすぎを防ぐためにも、手の甲やティッシュなどにポンポンと2回はたき、余分な粉を落としておくと、より綺麗に塗ることができます。ベビーパウダー自体が白いので、明るいトーンのお肌・マットな質感のお肌ができあがります♡

なお、ベビーパウダーだけではキープ力・日焼け止め効果はないので、ファンデーションとして使う場合は、必ずメイク下地・日焼け止めを合わせて使うようにするのもポイントです!

 

注意点としては、ベビーパウダーはファンデーション用に作られたアイテムではないため、ファンデーションと比較するとカバー力が低いので、

・ナチュラルメイクにしたい日
・お肌を少し休ませてあげたい日

などにファンデーションとしてベビーパウダーを使うと良いでしょう。

③フェイスパウダーとしてファンデーションと一緒に使おう

フェイスパウダー

「ファンデーションがヨレるのはイヤだけど、お肌もしっかりカバーしたい!」という場合は、フェイスパウダーとして最後の仕上げに使うのがオススメです!

ベビーパウダーが余分な皮脂を吸収してくれるので、汗や脂によるファンデーションのヨレ・崩れ・テカリを抑えてくれ、マットな質感のお肌を作ることができいます。

化粧水・メイク下地・ファンデーションの順番でお肌を作ったら、パフや毛足の長いブラシに適量のパウダーをとり、お肌にポンポンと優しくのせていきましょう。

フェイスパウダーとして利用する場合は、ファンデーションそのものとして使うときよりも数回多く(3〜4回)手の甲やティッシュにはたき、余分な粉を落としてから使うと、ファンデーションの色味を邪魔せずきれいな仕上がりになります。

また、「ファンデーションがヨレるのはいやだけど、マットなお肌にはしたくない…」という場合は、皮脂がでやすいTゾーンや顎のラインだけに使うこもできます。

④メイク直しで使おう

メイク直し

フェイスパウダーとしての使い方に似ていますが、ベビーパウダーをメイク直しのアイテムとして使うこともできます。

せっかくメイクをしてお出かけしてきたのに、気がついたら汗で顔がベタベタ・テカテカ…ということありますよね?

そんなときこそ、ベビーパウダーの出番!

適量のパウダーをパフに取り、テカリが気になる部分にポンポンと数回はたきます。

ベビーパウダーが余分な皮脂を吸収してくれるので、ベタベタ感やテカリも収まります。

ファンデーションにおすすめ♡ベビーパウダー5選

ベビーパウダーをファンデーションとして使う方法がわかったところで、ファンデーションとして使えるオススメのベビーパウダーをご紹介します!

fasme公認ライター

fasme公認ライター