1. 【年末占いSP】ぱんだタイプ2020年上半期の運勢♥

【年末占いSP】ぱんだタイプ2020年上半期の運勢♥

レンアイ動物占い
ぱんだ2020

レンアイ動物占い♥年末スペシャル!

気になる2020年上半期の運勢を大公開!!

レンアイ動物診断《オモテ》そしてレンアイ動物診断《完全版》すべてのぱんだタイプさんに該当します。

2020年上半期のぱんだ女子さんの運勢をチェック♡

ぱんだ女子2020年

ぱんだ女子

《ぱんだタイプさんの基本性格》

協調性のある平和主義!

のんびり屋さんで男女問わず友達は多め。けど、変なところは頑固者。

異性となかなか友達以上の関係になるのが難しく、彼がいない期間は割と長い。

その分男友達は割と多い、「人類皆兄弟」なタイプです

《ぱんだタイプさんの2019年振り返り》

ぱんだタイプさんの2019年は、新しい出会いも多く、その分人間関係の断捨離も多かったようです。

仕事もプライベートも1年を通して何かと忙しく、後半に向けて疲れがどっと出たのではないでしょうか。

2019年は、良いことと悪いことの差が激しく、振り回される事も多かった年。

そんなぱんだタイプさんの来年の運勢は?

ぱんだタイプ 2020年上半期グラフ

ぱんだ

上半期前半は、少々疲れ気味。2019年の疲れを引きずってしまい、いつもはフットワークが軽いぱんだ女子さんなのですが、あまり外に出たくない..人と会いたくない..という気持ちになりそう。

後半に向けて、前半の疲れはなんだったの?!というくらいにアクティブになり、ぱんだ女子さんの今後の人生にも関わるような出会いもありそう、、、。

大まかな流れ

1月は、年末年始の疲れが抜けず引きこもりがちになりそう。この月は無理をせず、休める時に休むことが大事。

2月は充電期間。やる気スイッチがなかなか入らず、仕事や学業、恋愛においても「今はちょっと考えたくない」という気持ちになりそうです。この時期は何かを決断するような事は控えて。一旦ステイして、3月以降に決断するのが良いでしょう。

3月からは2月の充電期間を経て、グングンと運気が上昇!!ぱんだ女子さんらしさを取り戻しそうです。今まで溜まっていた疲れが完全に回復し、仕事や学業でも結果を出すことができそう。

4月あたりで、恋愛よりプライベート最優先のぱんだ女子さんが、恋愛最優先になるほどどハマりする相手と出会う予感。

5月になると、恋愛面でちょっと疲れ気味に。この月は、ぱんだ女子さんにとって軌道修正の期間となりそうです。

6月には色々なことが安定し出し、恋愛がうまくいくのと同時に、仕事や学業も右肩上がり。

パンダ女子さんには珍しく、恋愛面で揺さぶられる上半期となりそう。

 

要注意日は5/18

予想もしていなかった相手に裏切られる可能性大。

歴が浅めの知り合いには要注意。

運命の日は4/6

今後の人生を大きく変えるような決断をすることになるかも。

恋愛面の運勢

▶︎シングルさん

2020年は、攻めの姿勢が大事。相手からアプローチされるまで待っていると逃してしまう可能性が高いので、直感で「良い!」と思った相手には、自分からガンガン攻めて。

ぱんだ女子さんの好意って、相手に伝わりにくく、なんなら全く伝わってないことが多いので

遠回しにではなく直球にアタックすると恋が実る可能性大!!

▶︎カップルさん

あえて「喧嘩」をすると、さらに二人の距離が縮まりそう。

平和主義のぱんださんなので、なるべく争いごとを避ける傾向にあるのですが、この上半期は、あえてぶつかり合うことで、絆が深まりそうです。

なので、喧嘩を恐れず自分の気持ちや意見を相手にぶつけてみると良いかも。

自分の殻を破って、さらに運気上昇!

2020年上半期のぱんだ女子さんは、今までの自分とは正反対の行動を起こすことが吉。

もともと恋愛体質なタイプではないけど、どっぷりと恋愛にハマってみたり、

根は平和主義で争いごとが嫌いなタイプだけど、あえて喧嘩をふっかけてみたり自分の意見を思いっきりぶつけてみたり。。

自分の殻を破ってみることで、より視界が開けて、新たな自分を発見することができそうです。

2020年の運勢ランキングもチェックする!

レンアイ動物診断《完全版》の結果と、レンアイ動物診断《ウラ》の結果を組み合わせた全100通りの中で、あなたの2020年の運勢は何位?!

ランキングもチェックしてみてね♡

▶︎来年のあなたの運勢は⁉︎レンアイ動物占い♥2020年運勢ランキング♪

▶︎『レンアイ動物診断《完全版》』モテ度ランキングもチェック♡

自分の動物タイプがわからない方はコチラから▼

オモテ診断は「動物診断」

ウラ診断は「裏診断」

完全版は「完全版」

とトークに送ると何回でも出来るよ♪

編集部

編集部

fasme編集部による企画の記事はこちらからCHECK♡