1. 「目の下のクマを取りたい!」あなたにオススメの美容整形とは?!

「目の下のクマを取りたい!」あなたにオススメの美容整形とは?!

整形
目のクマ

年齢、男女関係なくできてしまうクマにお悩みの方、多いのではないでしょうか?

目の下にクマがあると、老けて見えたり、疲れて見え、顔の印象がかなりマイナスになってしまいます。

実はクマは寝不足や色素沈着の他に遺伝が原因でクマができてしまう人もいるんです!

遺伝が原因となると自分でどれだけ予防しても改善せずお手上げ…ということにもなりかねません。

そこで今回は、あなたのクマを改善するための方法をご紹介します!

様々な種類のクマがあるので、自分のクマははどの種類でどんな方法で、

クマを改善していけばいいのか考えていきましょう!

あなたのクマの種類と改善方法は?

茶クマ

皮膚に凹凸のない茶クマは主に色素沈着が原因とされていて、

アレルギーのある方や、目の周りをよくこする癖がある人に多くみられます。

色素沈着なので皮膚そのものに色味が付いているのが特徴です。

見分け方として、目の下の皮膚を下に引っ張っても色味が変わらない事です。

【原因と改善方法】

通常であれば28日周期で、皮膚が新しい細胞へ生まれ変わるターンオーバーがおこり、

メラニン色素も新しい細胞に生まれ変わるのでメラニンが蓄積し濃くなっていくことはありません。

しかし、紫外線や目をこするなどの刺激で余計なメラニン色素が生成され、茶クマへとなっていきます。

改善方法として余計な刺激を与えない事、皮膚再生効果のある外用薬を使用する事です。

皮膚科などで処方してもらえるので医師の指示に従って使用することによって改善が見込めます。

青クマ

血行不良が原因で青く見えるクマで、寝不足やストレスによっておこります。

静脈の血液が透けて見えてしまっている状態で、

目の下の皮膚を引っ張っると青みが薄くなることが特徴です。

【原因と改善方法】

目の下の皮膚は他の顔の部位と比べて3分の1ほどの薄さで非常に薄く、

毛細血管が張り巡らされてるので、もともと血管が透けやすい部分です。

皮膚が薄い人や肌が白い人は必然的に青クマとなってしまいます。

改善方法として一番有効なのが温めたり、適度なマッサージで血行を促進させることです。

ヒアルロン酸による治療もありますが、逆効果になってしまう場合もあるので、

医師と相談の上施術してもらいましょう。

黒クマ  赤クマ

加齢によるたるみが原因でできるクマで目の下の皮膚が内側にくぼみ、影ができることによって現れます。

生まれつき遺伝で眼窩脂肪が多い人は突出しやすく、

年齢関係なく目の下が膨らんでクマやたるみが現れ、

老けてみられる原因になります。

また、眼窩脂肪が浮き出ることによって目の下の筋肉も前に押し出され、

透けて赤く見えるものを赤クマといいます。

【原因と改善方法】

加齢によるたるみや遺伝のせいで目の下の眼窩脂肪が浮き出て影ができ、

それがクマのようにみえてしまいます。

改善方法として、切らない方法で膨らみの原因となっている眼窩脂肪を取ることが可能です。

また、取った脂肪を再度配置し、凹凸をなくす方法もあります。

セルフケアでの解消は困難なので美容整形に頼りましょう。

切らない目の下のクマ取り・脂肪再配置とは?

自分で改善することが困難な膨らみがあるクマは美容外科で改善することができます。

病院によって手術名や細かい方法は異なりますが、主な方法を紹介したいと思います。

目の下のクマ取り(脂肪除去)

下まぶたの内側の粘膜を最小限に切開し、適量の眼窩脂肪を除去して膨らみをなくす方法。

目の下のクマ取り(脂肪除去)+脂肪再配置

脂肪除去後に、除去した脂肪や別の部位から採取した脂肪を再配置し膨らみをなくす。

 

目の下の脂肪を除去するだけの場合と除去した脂肪を処理し、再度目の下に再配置する方法があります。

病院によって推奨される方法が異なりますので気になる病院を探して方法を確認してみてください!

目の下のクマを撃退して明るい顔に!

たかがクマと思うかもしれませんが、あるのとないのでは大きく印象が変わります。

老けて疲れて見えた顔から一気に明るく若々しい印象になる事間違いなしです!

是非自分のクマに合った改善方法を試してみてください!

mion

mion

韓国専門美容整形情報サービス「カンナムドール」美容担当のみおんです。 日本育ちの韓国人。化粧品、肌管理が趣味。韓国で流行りの良いものは共有したい。 韓国でかわいくなりたいあなたの役に立ちたいです♡ Twitter:@gangnamdoll