1. ワセリンは万能すぎる美容アイテム!ワセリンの使い道・活用方法・注意点まとめ

ワセリンは万能すぎる美容アイテム!ワセリンの使い道・活用方法・注意点まとめ

美容

ドラッグストアなどで手に入れることができるワセリン、あなたはどのように使っていますか?

リップだけでなくハンドケアやヘアケアとしてはもちろん、革製品のお手入れなどにも使えるワセリンについて、

・ワセリンとは?
・美容目的でワセリンを使う方法
・日常生活でワセリンを使う便利な方法
・おすすめのワセリン
・ワセリンを使うときの注意点

についてご紹介します!

ワセリンってなに?

ワセリン

ワセリンとは、原油から作られた保湿剤で皮膚の保護用クリームとして販売されています。

 

・黄色ワセリン
・白色ワセリン
・プロペト
・サンホワイト

の4タイプに分類することができます。

 

黄色ワセリン

黄色ワセリン
ヴァセリン ペトロリュームジェリー 368g 2個セット / ¥1,455(税込)

 

美容用のワセリンとして作られているもので、低価格なワセリンです。

黄色味がかかっているのが特徴で、美容用として全身に使うことができますが、他のワセリンと比べて若干の不純物も含まれているため、ニキビができやすい人や肌荒れをしやすい人などが使う際には注意が必要です。

 

白色ワセリン

白色ワセリン
ワセリン HG 500g / ¥1,980(税込)

 

日本独自の基準から作られたワセリンで、白っぽい色をしているのが特徴です。

白色ワセリンはさらに美容用と医療用に分けることができ、

・酸化防腐剤や香料などが加えられたもの=美容用白色ワセリン
・無香料で不純物を全て取り除いたもの=医療用白色ワセリン

として区別をつけることができます。

 

プロペト

プロペト
【第3類医薬品】プロペトピュアベール 100g / ¥1,080(税込)

 

白糸ワセリンをさらに純度の高いワセリンへと進化させたものがプロペトで、医薬品として提供されています。

 

純度が高いワセリンなので、

・敏感肌の人
・赤ちゃんや子供
・目元や口元など皮膚の薄い部分

などに使うことができます。

 

サンホワイト

サンホワイト
日興リカ サンホワイト 単品 50g / ¥1,080(税込)

 

プロペトからさらに不純物を取り除いたものが、サンホワイトと呼ばれるワセリンです。

ワセリンの中でも純度が一番高いので、保湿効果はもちろん敏感肌の人も使うことができますが、その分価格も高いのが特徴です。

ワセリンの使い道

ワセリンの保湿効果について知ったところで、ワセリンの使い道についてご紹介します!

【美容編】乾燥対策・保湿目的で使おう

1)くちびるの保湿に使おう

ワセリンをリップに使う

ワセリンの定番の使い方としても人気なのが、くちびるの保湿として使う方法です。

使い方はとても簡単で、少量を指先にとったらそのままくちびるにのせるだけでOK。リップクリームの代わりとして使うことができます。

 

また、ワセリンは『リップパック』や『リップスクラブ』としても使うことができます。

プルプルで綺麗なくちびるを目指すためにも、しっかりとワセリンで保湿しましょう!

 

<ワセリンのリップパック>

リップパック

ステップ1:お風呂上がりにホットタオルをくちびるにあてますワセリンをたっぷりくちびるにのせます(この時、クルクルと円をかくようにくちびるをマッサージするとより効果的です)
ステップ2:サランラップで保湿し、3〜5分間おきます

 

ホットタオルが面倒臭い場合は、お風呂の中で湯船に浸かりながらでもOK!

 

<ワセリンのリップスクラブ>

スクラブ

ステップ1:ワセリンたっぷりとくちびるに塗ります
ステップ2:砂糖を少量指先につけ、ワセリンをつけたくちびるにのせクルクルと円を描くようにマッサージします
ステップ3:ホットタオルでワセリンを拭き取り、気になる場合はリップクリームやワセリンで改めて保湿します

 

2)手の乾燥に使おう

ワセリン ハンドケア

食器を洗った時や秋冬の乾燥シーズンは、どうしても手が乾燥してしまいますよね…

乾燥した手はシワを産みやすく、シワがあるとそれだけで老けた印象を与えてしまいます。

 

そんな時に便利なのがワセリンをハンドクリームとして使う方法です!

ステップ1:手を洗ってタオルでよく拭きます
ステップ2:適量のワセリンを指に取り、手の甲に載せます
ステップ3:指でクルクルとワセリンを伸ばし、ワセリンを温めます
ステップ4:温まって伸びがよくなってきたら手全体へと広げ、しっかりと揉み込みます

 

ワセリンを取りすぎてしまうとベタベタになってしまい、スマホなどが操作しにくくなってしまうので、取りすぎには十分注意しましょう。

 

3)顔の保湿に使おう

ワセリン 顔の保湿

ワセリンの保湿効果は顔にも使うことができます。

化粧水の後に少量をとって手の平でしっかりと伸ばしてから顔全体をマッサージしながら使う方法もありますし、乳液やクリームだけでは保湿しきれなかった部分に、ポイントとして使うこともできます。

※まつ毛エクステをしている場合、目元に塗ってしまうと油分でエクステが取れやすくなってしまうので注意しておくと良いでしょう。

 

ただし、顔は体の他の部分と比べても皮膚が薄いので、敏感肌の人は手で肌荒れしないかを確認したり、まずは少量だけ部分的に使うようにしましょう。

また、目の近くなどに塗る際は目の中に入らないようにするなど注意をし、万が一目に入ってしまった時は近くの医療機関に相談するようにしましょう。

 

4)膝やすね・かかとの乾燥に使おう

ワセリン フットケア

気がつくと乾燥して白く粉を噴いてしまうのが、膝やすね・かかと。

ワセリンの保湿効果はこうした部分にも使うことができます。

 

適量を指先にとったらあとはマッサージしながら膝・すね・かかとの乾燥が気になる部分にクルクルと塗り込むだけでOK!

お風呂上がりに毎日塗っていると、保湿効果が発揮され秋や冬の乾燥シーズンでも潤いのある脚をキープすることができます。

 

5)パサついた髪の毛に使おう

ワセリン ヘアケア

秋や冬の乾燥した空気や暖房によって、髪の毛がパサついたり静電気で爆発してしまう…なんて時にもワセリンを使うことができます。

全体的につけてしまうとワセリンの油分でベタベタになってしまうので、少量を手にとって手のひらで伸ばしたら、毛先に揉み込むようにワセリンをつけましょう。

ワセリンの油分髪の毛をコーティングしてくれるので、髪のパサつきや静電気を防いでくれます。

 

6)ヘアセットに使おう

ワセリン ヘアセット

ワセリンの油分は髪の毛をまとめてくれる効果もあるので、ヘアセットにも使うことができます。

少量のワセリンを手にとり伸ばしたら、毛先から全体へと揉みみます。そのあとはいつも通りのヘアアレンジをするだけ。

アホ毛などをしっかりと抑えることができます。

 

ワセリン自体は顔にも使うことができるので、ヘアワックスをつけた髪の毛が顔にかかって肌荒れしてしまう…という方も使うことができます。

ただし、つけすぎてしまうとワセリンの油分により髪の毛がベタベタになってしまうので注意しましょう。

 

7)マッサージクリームに使おう

ワセリン マッサージクリーム

ワセリンの油分を、マッサージクリームとしても活用することができます。

マッサージクリームは、マッサージ時の摩擦から守る役割をしているので、滑りの良い油分が多めのクリームが使われますが、ワセリンの油分がその役割を果たしてくれます。

 

マッサージクリームとして活用するときは、顔やリップなどに使うときよりも多めの量を手にとり、しっかりと手のひらで伸ばしてからマッサージする部分に塗布します。

あとは、普段行なっているマッサージをするだけ!

 

マッサージと一緒に保湿されるので一石二鳥♡

マッサージ終わりのべたつきが気になるときは、ホットタオルで軽く拭いてあげてもOKです。

 

8)練り香水として使おう

ワセリン 練り香水

お気に入りの香水とワセリンをミックスさせれば、練り香水としてもワセリンを使うことができます。

空き容器き半分程度のワセリンをとり、中にお気に入りの香水をを適量入れたら混ぜ合わせるだけでOK。

 

持ち運びも便利なので、手元に余っている香水がある場合はぜひ試してみてくださいね!

【日常編】お手入れや予防にワセリンを使おう

1)皮のお手入れに使おう

ワセリン 革製品のお手入れ

革製品を長持ちさせるためには、皮に適度な水分と油分が必要になります。

一般的な革製品のお手入れグッズにも油分が含まれているクリームが販売されていますが、ワセリンがオイルクリームの役割を果たしてくれます。

 

ステップ1:ブラシで革製品の表面についたホコリを落とし、乾いた柔らかめの布(ガーゼなど綿タイプのものがおすすめ)で優しく拭きます
ステップ2:ワセリンを少量とり、布を使って革製品全体に優しく円を描くように塗ります
ステップ3:ブラシで再度誇りを払い、乾いた布で最後に拭いて仕上げます(必要な場合は最後に防水スプレーをかけてもOKです)

 

2)靴擦れ防止に使おう

ワセリン 靴擦れ防止

新しい靴をはいたときなど、靴擦れを起こしてしまうことありますよね?

サイズが合わないことによる摩擦が靴擦れが起きる原因の1つだと言われています。

 

そんなときは、靴と皮膚が摩擦でぶつかってしまう部分にワセリンを薄く塗ってみましょう。

ワセリンの油分が摩擦をやわらげてくれるので、靴擦れを防いでくれます。

おすすめのワセリン6選

ユニリーバのVaseline

ユニリーバのワセリン
ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー 200g / ¥604(税込)

 

ワセリンの中でも薬局やドラッグストアでよく目にするのが、ユニリーバから販売されているワセリン Vaselineです。

いわゆる黄色ワセリンと呼ばれるものですが、防腐剤など、低価格で大容量なので全身たっぷり使いたい人におすすめです。

 

大洋製薬のワセリン

大洋製薬 白色ワセリン
【第3類医薬品】大洋 白色ワセリン 50g / ¥615(税込)

 

製薬会社から販売されているワセリンで、不純物を取り除いた白色ワセリンです。

Vaselineと比較すると金額は多少高くなりますが、敏感肌の人でも使うことができるワセリンです。

 

ピジョンのワセリン

ピジョンのワセリン

ピジョン 無添加 ワセリン / ¥871(税込)

 

ベビー用品などを多く扱っているピジョンから販売されているワセリンです。

無添加で、べたつきにくく塗りやすいのが特徴で、赤ちゃんのお肌にも使うことができ、敏感肌の人にもおすすめできるワセリンです。

 

メンタームのワセリン

メンタームのワセリン

メンターム ワセリン 60g / ¥425(税込)

 

柔らかくて塗りやすいのが特徴のワセリンです。

低刺激で無香料・無着色なので、赤ちゃんのお肌はもちろん、敏感肌の人も安心して使うことができます。

 

健栄製薬のベビーワセリン

ベビーワセリン
【保湿クリーム】ベビーワセリン 60g / ¥362(税込)

 

通常の白色ワセリンからさらに不純物を取り除き、高純度・低刺激のワセリンです。

そのため、赤ちゃんにも安心して使うことができます。

 

日興リカのサンホワイトP-1

サンホワイト
日興リカ サンホワイト 単品 50g / ¥1,080(税込)

 

白色ワセリン100%で、無香料・無着色料・保存料不使用、無味無臭のワセリンです。

赤ちゃんのスキンケアに利用できるので、敏感肌の人も安心して利用できます。

乾燥や肌荒れ以外にも、日焼けなどにも使うことができます。

ワセリンを使うときの注意点

ワセリンの使い方について解説してきましたが、最後にワセリンを使うときの注意点を知っておきましょう。

 

1)敏感肌の人は肌荒れに注意を

綺麗な肌

ワセリンは石油を原料とした保湿剤ですが、ワセリンの種類によっては不純物が含まれています。

人に害はない程度の不純物ですが、敏感肌やお肌が弱い赤ちゃんや子供に使ってしまうと、肌荒れをしてしまう可能性があります。

 

美容目的でワセリンを使う場合は、まずは肌荒れしないかどうかのテストを腕などで試してみるようにしましょう。

万が一ワセリンを塗って肌が荒れてしまった場合は、すぐに近くの医療機関に相談するようにしましょう。

 

2)浸透効果はないので、肌のお手入れはしっかりと

肌のお手入れ

ワセリンには保湿効果がありますが、これは肌の表面に油の膜を張り水分が飛ばないようにしているだけなので、ワセリン自体がお肌に浸透することはありません。

そのため、美容目的でワセリンを利用する際は必ず、化粧水で肌をしっかり整えてからワセリンを使って保湿をするようにしましょう。

ワセリンをもっと身近に!

ワセリンの使い道について、いかがでしたか?

秋から冬にかけては特に乾燥が気になってくる季節なので、ワセリンを使って全身の保湿を徹底し、乾燥知らずで思わず触れたくなる潤いのあるお肌の女の子を目指しましょう!

fasme公認ライター

fasme公認ライター