1. 2018年春夏の街頭トレンドを徹底解説♡「私に似合う」をみつけよう。

2018年春夏の街頭トレンドを徹底解説♡「私に似合う」をみつけよう。

ライフスタイル

2018年4月下旬に、銀座、渋谷、原宿で20~30代の女性合計300人を対象に実施した街頭調査の結果をもとに、ビューティートレンド研究チームのヘアメイクアップアーティストが「東京の街を歩く女性たちのメイクアップとヘア傾向」を徹底解説。

夏に向けてのトレンドをキャッチしましょ♡

スポンサードリンク

●アイシャドウは暖色系

2017年秋冬は、ブラウン系アイシャドウが人気でした。

そこにプラスしてピンク、オレンジなどの暖色系アイシャドウが増加傾向

塗り方は、まぶた全体にふんわりなじませるような、透明感のある仕上がりで。

きちんとアイメイクはしているけれど、あくまでも透明感とナチュラルさがあるのが、今季のアイメイクの特徴だそう♡

●リップはローズ系


今季のアンケート結果でも口紅は、「メイクに欠かせないアイテム」。

リップメイクはおしゃれな女性のマストアイテム。

カラー傾向では、ビビッドカラーが再び人気となり、モデレートカラー(肌なじみのいい色)、とビビッドカラーがほぼ同数を記録しました。

色は、2017年秋冬に続いてローズ系が人気。

今季のメイクアップ全般に見られる傾向は「多様性」。

みんなと同じであることより、「自分らしさ」「自分に似合う」を追求し、メイクを楽しんでいるのが特徴です♡

●アイラインはマスト、でも繊細に。

アイラインは、ほぼ全員が引いている、といえるほど不可欠な存在に。

多くの人が、まつ毛の根元を埋めるように、細く、ナチュラルに描いていました。

ただし、細かい部分を見ると、より自然に見せるために目尻だけに入れたり、目頭側を強調して目の横幅を長く見せたり、丸みを持たせて跳ね上げキャットラインを描くなど、自分らしい工夫を加えています!

●きちんと眉

眉の傾向としては、前シーズンから継続して、より洗練されたバランスの良い眉の人が増えていました。

前シーズンまでは比較的少なかった細眉やアーチ眉が見られるようになり、より大人っぽい雰囲気の眉に仕上げている人が増加傾向にあります。

一方、若い層においては、水平眉、下がり眉が多く見受けられるのが印象的でした。

●素肌間のあるベースメイク

ベースメイクのキーワードは「素肌感」。

国内美容雑誌でも、「生肌(なまはだ)」「素肌美」といったワードが多く使われています。

化粧下地やコントロールカラーできちんとベースを仕込み、ファンデーションはあくまで薄く塗る、といった傾向に。

チークも、血色をプラスする程度に自然にぼかしている人が多数を占めていました。

●【番外編】ヘアは前髪アリで。

2018年春夏、ヘアスタイルで特徴的だったのは「前髪あり」の比率が増加した点。

ただし、前髪のニュアンスは多種多様。

アイロンで毛先をカールさせる、軽く流す、または分けているなど、個々にスタイルを楽しんでいました。

今季はメイクアップ同様、ヘアスタイルにも「多様性」が感じられ、それは、前髪以外にも反映されています。

個々に、気分やファッションに合わせて、様々なヘアスタイルを楽しんでいることがうかがえます!

 

多様なトレンドから、自分らしさをチョイスして♡

大きなトレンドの流れはあるものの、みんなとお揃いにするのではなく、自分流にトレンドをアレンジして楽しむのが肝。

ひと昔前に多様さは「十人十色」と表現されましたが、今は「一人十色」、もしくはそれ以上に多彩に楽しむ時代になりました。

気分やシチュエーションによって、日々様ざまなファッションを楽しむようにヘアメイクも多彩にチャレンジしてみては??